プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清く、優しく、たくましく!

ご無沙汰しています。
時の流れは早いですね〜(笑)

気づけば、子パンダも小学2年生!
親の私もビックリです。

子パンダは、好きな彼と同じクラスになれて大喜びでしたが、仲良しさんとはみんなバラバラ。

また一から気の合うお友達を見つけることから始まります。

いまは、他のクラスになってしまった友達と遊んでいるようですが。

先日、子パンダが休み時間に友達と4人で遊んでいると、別の仲良しさんが一緒に遊ぼうと言ってきたそうで。

でも、他の友達が、「えぇー!あかんやんなぁ」「だって、すみっコぐらし、知らんやろ〜?」(すみっコぐらしごっこの最中だったらしい)などと言って、拒否したらしいんです。

子パンダはというと、拒否された友達がかわいそうな気持ちもあったが、まわりが強く反対してるし、自分もいまは4人で遊んでて楽しかったから、「う、うん…そうやんなぁ」と、同意してしまったと。

遊ぼうと言ってきた子は、クラスは違えど入学してすぐに仲良くなり、遊んでてもケンカ一つしない。子パンダも彼女は優しいから私も優しくなれると言っていました。気の弱いところのある彼女がなかなか友達に声をかけづらく、たまたま見つけた子パンダに声をかけたというのに、な、なんてことを!!

彼女がどんな気持ちだったか、自分が同じ立場ならどうか、一緒に遊ぶ方法はなかったのか、娘と話をしました。

翌日彼女に謝ろう!ということになり、登校していきましたが、気になって彼女のママに電話してみることに。

すると、登校中、ママと家の前にいた彼女を見つけた子パンダは、走って彼女にかけより、手を取って、「昨日は仲間はずれにしてごめんね!」と謝ったそうです。

そして二人で手をつないで学校へ。
(が、他の友人がやきもちやいたのか、二人の間に割って入り離されたらしい💦)

それを見ていたママは、親がそばにいるのに、大人の顔色を伺うことなく、仲間はずれにしてごめんねと謝りに来てくれたことがものすごくうれしくて、泣きそうだったと。

グループの中で強い子がダメだと言ったら、他の子はなかなか逆らえない。だから、子パンダちゃんのことは責めなくていい。仲間はずれにしたことを悔やんで、ちゃんと謝りに来てるんだからね、と。

その翌日も彼女がいるのを見つけて、両手で手を取り、学校へ行ったのだそう。

それを聞いて私も涙が出ました。

母ちゃんと話したことをきちんと理解してくれてること、相手を思いやってあげられてること。そして、グループ内における子パンダの立場。

そんなこと、よくある話で、誰もが経験しています。そこでいろいろなことを学んで強くなり、人との付き合い方を学んでいくのでしょう。

日々、友達とのことで小さい胸を痛めている子パンダ。何とかうまくいかないかと必死に考え、でもうまくいかず。気持ちを切り替えて、また新しい1日を始める。その繰り返し。

母ちゃんはただ励まして、見守るしかありません。


今日は、娘の8歳の誕生日。

頑固で、マイペースで、夢見がちで、怖がりで。神経質で、器用じゃなくて、お話も下手。何をするにも時間がかかり、要領もよくない。

でも、とにかく素直に育ってくれました。
優しい気持ちも持ってることがわかりました。

親バカなのは百も承知なんですけどね。


強くなること、器用になることは、これからいくらでも成長できます。
でも、優しい気持ちを持てる子に育てようにもそう簡単には育たない。

優しい娘に育ってることを、友達のママが教えてくれました。子パンダも母ちゃんも、そのことに自信を持って、一つひとつ成長していけばいいんだなと思いました。

明日は、私の誕生日。
友達のママからもらった感謝の言葉は、最高のプレゼント。

これからも子パンダが、清く、優しく、たくましく育ってくれますように。
スポンサーサイト

2015 夏

ボード
夏休みも今日でおわり。

夏休みが始まったころ、「なつをたのしもう」と書いてたけど、楽しめたかなぁ?



この夏の子パンダ。

★宿題の計算カードを一日も欠かさずやったこと。

足し算・引き算ともに3分以内に答えられるようになった。

5+1と5ー1で、たびたびつまづくのはなぜだろう(笑)

間違えることもあるし、「9-2は…9-2は…9-2は…」と、答えが出るまでに何度も式を読み上げるのも笑えるけど、継続は力なり!と信じて。

★宿題の他にも、ちゃれんじの各種教材をやりとげた。


★絵本・童話あわせて、10冊以上読んだ。

★コンクールが終わってすぐ、次の発表会に向けて、毎日練習した。


何でも器用にこなす子ではない。
コツコツ努力して、ようやく人並みにできる子なので、地道に頑張ることを覚えてほしい。

★日焼けを気にしてラッシュカードを着せたが、真っ黒。

★朝の連続テレビ小説「まれ」が大好き。主題歌をどうしても演奏したいらしい。

★高校野球をなんとなーく見てた(6chのねったまくんとのジャンケン見たさ)。

★学校の怪談的なホラー小説(小学生向け)の絵をやたら見たがる。

★手持ち花火ができるようになった。
花火大会は無理(笑)

★漫画家になりたいらしい。

★毎年夏は、疲れから高熱を出すのだが、今年は病気せず。


とまぁ、こんな感じ。


夏の一番の思い出を聞くと、やはり田舎での遊び。






海も畑も、釣りも、BBQも、お墓参りでさえ楽しい思い出。

夏に楽しんだこと、頑張ったこと、みんなみんな覚えていてほしい。

初めての成績表

台風の影響で、すごい大雨ですね。
みなさんの地域はどうですか?

一旦おさまった風も、夕方にまた吹き出して、習い事に出かけるのも一苦労です〜。

今日は終業式の予定でしたが、学校は休校。たくさんの荷物や成績表「あゆみ」は、昨日のうちに持って帰ってきました。

成績表といっても、1年の1学期なんて、まぁみんな「できる」に○がつきますよ(笑)

あとは、元気に挨拶や返事かできるかとかその程度ですよね。

で、最後に先生の所見。

読んで思わず吹き出してしまいました。

オットも同様。

先生からは…

苦手なことにも挑戦する心が育ってきていると。

朝顔の鉢植えには小さい虫がいて、虫が苦手な子パンダは友達に運んでもらっていたそうなんです。

目に浮かぶ…(ノ_-;)ハア…

しかし、6回目の観察の時は、泣きながら自分で鉢植えを運ぶことができたのだと!

えー!
6回目って…しかも泣きながらって。

先日も、ピアノの練習中に、部屋にクモが出たと言って、練習中断。しかもクモがランドセルにくっついたからと、ランドセルにはもう触れないと大騒ぎでしたから。

朝顔の観察中の様子が容易に想像できるわけです。

でも、そんな子パンダに、

「みんなから「すごいね」と拍手された時のはにかんだ笑顔がとても素敵でした」と先生。

褒められたり、感心されたりしてるわけじゃないけど、親としては何だかうれしくてね。

これからも温かく見守ってやってほしいものです。

さー、夏休みだ!!

母ちゃんも子パンダも、頑張ろう!!


おっと、その前に。

明日はピアノのコンクール。
GWから頑張ってきたけど、満足いく内容には手が届かず…

本番でどこまで弾けるか!
がんばれ!

大きくなったなぁ

夏休みまであと少し。
給食も明日で終了です。

はやっ!

慣れたのか慣れないのかよく分からんままに、1学期が終わった感が否めませんが。

さて、1年生になった子パンダさん。

日々バタバタ過ごしてますが、なんとなーく生活リズムがつかめてきたようです。

夕方、友達と遊びたい気持ちでいっぱいなのですが、今のところなかなか夢叶わず。

2学期からは、少しずつ遊びに行かせてあげたいなぁとは思ってます。

そのためには、「やることやってから!」

時間が無限にあるような、寝なくても私は不死身だというような、そういう動き方はやめてほしいものです、はい。

頑張ってもらいましょ♫


そんな子パンダは、1年生になってすぐの身体測定で、身長114.5cm、体重19.5kgになりました。


身長と体重は、6歳4ヶ月の平均値(かかりつけの小児科に貼ってあったポスターより)らしいですね。

7歳ジャストの測定だから、標準より8か月ほど小柄というわけですが、身長と体重のバランスは、ばっちり標準サイズ。

洋服は110〜120サイズ。パンツやスカートは120だとウエストがゆるくてズレるとうるさいので、ウエストのゴムを絞ってます。足はムチムチしてるようだけど、お腹まわりは細いのかな?神経質なだけな気もするけど。

靴は18センチ。

足だけは相変わらず小さい〜。
年に一度の買い換えで十分間に合います(笑)

幼稚園に入学してすぐの身体測定では、身長95cm、体重14kgでしたから、3年で身長が約20cm伸び、体重が約5kg増えたことになります。


小さい小さいと思ってたけど、最近はあまり小ささを感じにくくなりましたね。背の順で並ぶと前の方ではありますが、大きくなったなぁと。

寝てる姿を見ても思います。布団占領されてるし。寝顔は変わらないのにね〜。

少しずつ少女の体型に変わってく子パンダですが、多少小さかろうが、真っ黒に焼けていようが(すでにかなーり黒い)、元気に笑ってくれてたら、それで十分。

清く!正しく!たくましく!
強く育ってほしいものです。

七五三は日本髪で

子パンダも気づけば7歳になってまして。
七五三の年です。

早めに写真を撮っておこうと、5月末にスタジオアリスに行ってきました。

5月にしたのは、日焼けがマシだから。
ただでさえ、夏になったらかりんとうのごとく黒くなる子パンダ。小学生の黒さは幼稚園児の比ではないと聞き(笑)、春に撮ってしまおうと思ってたんです。

それに7歳の女の子は、前歯があるかどうかも問題。子パンダは、下の2本が生え変わったのみで、ちょうど生え揃ってる今がチャンス☆

しかも5月に撮影すると、お参り用の着物が0円(平日のみ)で借りられるんですよ〜。


写真は、着物とドレスを1着ずつ。

着物はオレンジのメガネにもあう古典柄で、ヘアスタイルをどーしても日本髪にしてほしかった!
もうね、憧れだったの(ლ˘╰╯˘).。.:*♡

ドレスは、メガネにあえば娘が気に入ったものでいいわ♫

ということで…



こんなんと…



こんなんになりました〜♫

着物姿を見たスタッフの方が「お姫様みたい〜♫」と言ってくださいましたが、姫というより町娘ですね。

素朴な顔の娘に、日本髪はよく似合うはず!とは思ってたけど、メガネが素朴じゃないからね。どうなることやらと心配したけど、いやいやかわいい(笑)

手放しで、「かわいい•*¨*•.¸¸♬」と絶賛してしまいました。親バカです、はい。


写真ですが、うちはよくある「これだけついてこんなにお得!」な七五三プランとかではなく、六切りサイズの写真を着物・ドレス2点ずつ。台紙でさえも七五三仕様でなく、アリスオリジナルの無料のもの。だってどうせ頻繁に見たりしないから。3歳の七五三だって大事に大事にしまいこんでたし〜。いいのです、シンプルで!!

そして他にいい写真があればLプリント(一枚1500円もする〜(@_@))にして、タダでお参り用の着物を借りたうえに、写真も予算内に収まるよう厳選して購入しました。

できれば、時期をあらためて、親子3人で着物姿で撮れるお得なプランのあるスタジオでも1枚撮ろうかなとも考え中。

家族で撮ることもなかなかないだろうしね。


さ、七五三の写真も撮ったし、子パンダの髪の毛をバッサリ切ってやるぞー!

すでに前髪は、撮影の2日後には眉上3センチ〜(笑)←本人の希望だからね


難しいから無理?

前回、習い事とその宿題でてんやわんやだというお話をしましたが、
やめたくないというくせに要領よくこなしてくれない子パンダに、イライラする日々を送っておりまして。

ただでさえ、ハードスケジュールだというのに、本人がやりたいと言って参加することになったジュニアピアノコンサート。
コンサートと言ってますが、コンクールです。

小学校1年生以下の部門は、4曲の中から曲を選べます。

子パンダが選んだのは、ギロックの「道化師たち」。
20小節で30秒足らずの短い曲です。おどけたかわいい感じが気に入ったのでしょうね。

でもこれが難しい…

弾くのは弾けます。
すぐに覚えられました。

でもただ弾くだけではダメですよ、コンクールですから。
1音ずつ弾き方があるわけで。

先生曰く、「どう弾くか」が大切と。

どう弾く???
コンクールなど無縁のワタシには???なんですよ。

それに、練習こそ毎日頑張るけど、細やかな指示はなかなか聞こうとしない娘に、
1音ずつ丁寧に弾かせることは本当に難しい。

感情と勢いの生き物ですから、子パンダっつー人間は。
ピアノに限らず、「ここはこう直そうか」というアドバイスはホントきかない。

そんなやつに、弾き方を一つずつ丁寧に…なんて、どうすれば???
個人レッスンが始まってますが(これで習い事が週4日に)、先生のアドバイスがなかなか生かされないんですよ。

毎回、「やめちまえー!!!!」と母ちゃんの逆鱗にふれているんですが。
できないー!!でも、やめないー!!の繰り返しで。

指の使い方もね、今までも気になってはいたけど、なんせ子パンダは人一倍手が小さく、伴奏も指がいっぱいいっぱい。
だから手の形、指の使い方を厳しくしにくかったんです。
でも、ピアノのコンクールにでることで、そこも大事になってきて、いまさらですがその練習も。

やること満載だというのに、
グループレッスンの練習曲でもつまづいてて…

左手でメロディをスラー(音と音を滑らかにつなげて演奏すること)で、
右手で伴奏をスタッカート(一音ずつ短く切って演奏すること)で弾く曲が
両手で弾くとどちらもスタッカートになってしまうんです。

そりゃもう練習しかありません。

グループできちんと弾けるのは5人中1人だけ。
3人はまだ左手の練習中。
子パンダはすでに両手でスムーズには弾けるから、
遅れてるわけじゃない。
とにかく両手が同じ弾き方にならないよう、1日10回ずつでも練習すれば弾けるようになるはず。

はず!!

なーのーにー!!!

「難しい!「無理!」
あげくのはてには、「練習してもできないかもしれないし」だと。

あほか!!!
そんなやつはやめてしまえっ!!!!

ピアノに限らず、ダンスも、英語も、学校の勉強もすべて難しくなるっちゅーの!
これからの人生、難しいことしか待ってへんわ!

といったバトルをず~っと続けてましてね。
腹立って、何度も子パンダを放置したまま寝室でマンガ読んでましたよ(笑

明日には、コンクールのレッスン日だというのに、
練習もしていないありさまで。

絶対やめさせないと思ってきたヤマハだったけど、今回ばかりは「やめさせたんねんっ!」と本気で思いました。
ちょびっとだけですが。

で、父ちゃんが友達とでかけてしまった本日、再び死闘…

泣きながら練習するから聞いてくれという娘に付き合って、コンクールの練習も進み、
なかなかできなかったスラー&スタッカートの曲も無事にクリア。

母 「難しいから無理って言ってたけど、どないやねん!できひんのか!無理なんか!どーや!!!!」
娘 「できた…」
母 「難しいから練習すんねん。無理かどうかは練習してから言え!それはピアノも、ほか全部も一緒や!」

と、死闘の幕は下り、ふと振り向けば子パンダはすでにたまごっちに夢中…
切り替えはやっ!

またやるわ、こいつ。

優しく、いっぱい褒めて、伸ばせばいいのはわかるけど…
わーかーるーけーどぉぉぉ!!!!

それこそ難しいから無理!!なわけですよ(笑
母ちゃんも無理かどうか練習してから言え!ってことですかね。

ふぅ~、疲れる。

ハードスケジュール

小学校に入学して1か月半。
家庭訪問も終わり、通常の生活が始まりました。
というか、すでに6月の運動会の練習が始まってるんですけどね。

授業は毎日5時間目まで。
2時半に授業が終わり、帰る用意をして学校を出るのが3時前。
12、3分ほど歩いて、帰ってくるのが3時過ぎ。

さぁ、そこからがバタバタです。

幼稚園の頃からヤマハ音楽教室と、市でやってるダンス教室に通っていました。
小学校に入ったら、さてどうしよう…と以前から考えていたのですが、
こどもちゃれんじイングリッシュをしていたこともあり、
入学を機に、英語をプラスすることに。

これで週3回。

3歳のころから毎日公園に通い、幼稚園に入っても、帰りに必ず公園に寄って遊んでいた子パンダには、
小学校に入ってからも、できるだけ公園で遊んでほしいと思っていました。

体を動かして…というより、気の赴くまま自分の好きなように遊ぶ時間が必要かと。
とはいえ、毎日公園というわけにもいきません。
だから、週2回は自由に遊ばせたかったんですよ。
ダンス教室は小学生の部にあがると5時40分からなので、
あわよくば週3回は自由に遊ばせられるかな、と。

甘かった…。

結果から言うと、火曜はダンス、水曜はヤマハ、金曜は英語。
おまけにこどもちゃれんじから引き継いで進研ゼミを受講。

幼稚園時代は、登園前にちゃれんじ等のドリルとピアノの練習をしていたので、
習い事がなければ午後はフリーだったわけですが、
小学生は朝7時45分には登園するため、進研ゼミとピアノの練習は帰宅後に。

小学生になったら宿題だってあるわけで…
(まだプリント1枚だけですが)

そう。
子パンダは、学校から帰ったら、宿題+進研ゼミ+ピアノの練習をしなくちゃなりません。

さ・ら・に!!

習い始めた英語というのが、ECCジュニアでして。
こちらの宿題というのが、プリント4枚(4日分、一度にやってもよい)に、できるだけ毎日DVDを見たり、CDを聞かなくちゃいけないのですよ。

これが首を絞める(?)ことに。

ECCジュニアに決めた理由はいろいろですが、日常的に英語に触れなければ意味がないと思っていたので、宿題がある方がいいなと考えてはいたんですけどね。

習い事と一言で言っても、宿題があるかないかで、日々の生活は随分と違います。

分かってたことなのに、やっちまったー!!


これが子パンダの1週間です。



金曜だけやることが書いてないでしょ。
習い事にECCと書いてあるだけ。

実はこの日は、ECCの後、帰ってから体操服に着替えて体育クラブへ。

幼稚園の頃、通わせたかったけど、ヤマハとかぶって通わせられず。逆上がりができるとかできないとかそういうのは気にしてなくて、とにかくしっかり体を動かしてほしい、何にでも怖がらずチャレンジしてほしいとずっと思ってたんですけどね。

で、お友達の紹介で、近くで始まる体育クラブの体験に行くことに。

ただ習い事を増やすのは時間的にも金銭的にも厳しいので、体験で終わりだろうと思ってたら、子パンダがとにかく楽しそうで、思ってた以上によさそうな内容だったので、オットと相談して通わせることにしたのです。

終わって帰宅したら7時。
金曜だからできることです。

とにかく、学校から帰ってからやらなきゃいけないことがたくさん。
一つひとつは15分で済むようなたいしたことなくても、始めるまでの段取りが悪かったり、問題につまづいたりするとものすごーい時間がかかります。
今日はやることやったら公園に連れて行ってあげようとか、ゆっくり過ごさせてやろうとか、撮ったまま見てないテレビを見せてやろうとか思ってても、まったくといっていいほど予定どおりに進みません。
それどころか、ご飯もゆっくり食べられず、あわててお風呂に入って、「はよ寝ろー!」とせかされて。

何やってんだかなぁ。
こんなはずじゃなかったんだけどなぁ。

でもね、子パンダはどれも好きで、どれもやめたくないんですよ。
ピアノだって宿題に出されていない曲も練習したり、ECCも楽しそうにCDにあわせて歌ってるし、
進研ゼミも「わからないー!!」としょっちゅうぐずっていますが、やめようとはしません。
ダンスだって、幼稚園の頃は「できない!」と先生に泣きつくことがあって、小学生の部になったらついていけないだろう、やめるだろうと思ってたのに、まったくそんなことはなく、むしろよりいっそう楽しんでやるようになっちゃって。

さらに、7月のピアノのコンクールにも出たいと言いだし、月曜に個人レッスンも入れることに。
だから練習時間も倍。

子供がやりたいといっても、親が調整していかなくちゃいけないんだろうけど、
頑張っている以上応援してやりたいと思ってしまうんですよね。

じゃ、「早くしなさい!」とか言ってやるのはかわいそうだし、間違えてもあまり指摘しない方がいいのかもしれないんだけど、それはそれで言わずにはいられないわけで。

気温も高くなり、運動会の練習も始まって、体力的にもしんどくなる頃。
様子を見ながらどうしてやるべきか、考えていかなくちゃ…。

ピカピカの一年生




子パンダが一年生になりました!

入学式の朝はあいにくの雨。
卒園式の時より寒いなか、傘をさして小学校へ。

入学前、「話を聞かなきゃ先生に怒られるよ!「グズグズ言ってたら、お友達にも嫌われうちゃうよ」と、
本来なら小学校は楽しいとこよ~♪と教えてあげなきゃいけないところを、
娘の日々の行動を見てたら、しっかりしなきゃ小学校はダメだ!と言わんばかりのことしか伝えられていませんでした。

だから、人に「小学校楽しみだね~」と言われても、「でもぉ~」と浮かない返事ばかりだった子パンダ。

大丈夫かな??と心配していたのですが、
入学式当日の朝、やたらニヤニヤしていたので、
どうしたのかと聞いたら、「ふふ…一年生…」とにやり。

あ、ものすごーい楽しみなのね(笑

小学生になること、不安もあっただろうけど、それ以上に楽しみで仕方なかったことがよ~くわかりました。

朝のニヤニヤはその日寝るまで続きました。
ニヤニヤどころか、はじけっぱなしのうかれっぱなし。

夕方にヤマハのレッスンがあったのですが、
妙なテンションが続いてたらしく、先生に「子パンダちゃん、落ち着いて!」と言われたそうで(汗


1年生は3クラス。
あと3人増えたら4クラスだったのに、
なんだかぎゅうぎゅうな感じ。

担任は、30代くらいの男の先生。
男の先生ってどうなんだろうと思ったりはするのですが、
印象としては悪くない。
女の子の扱い(特に女の子同士のトラブルなど)に慣れてくれてたらラッキーなんだけど。

生徒は34名。
そのうち2名が難聴のお子さんで、
特別学級の子供たちと一緒に勉強をする「交流学級」というクラスなのだそう。

同じ幼稚園からは、子パンダを含め6名。
特別仲良しな子はいないし、ワタシ自身も知り合いはいるものの、
メアドを知ってるような友達はなし。

でも、子パンダに関してはそういうのは心配していないし、
ワタシも若干不安はあるものの、手さぐり何とかしていくつもりです。


初登校は、一番近所の仲良しさんと。

20150409232916c0b.jpg

それはそれはうれしそうに、尾行する母を振り返りもせず、行ってしまいました。

今日は雨だったし、傘さしてるからと、念のために途中まで尾行してやろうと思ってたら、
「ついてこないでー!!」と(笑

それでも見えなくなった頃、後をつけてったら、
それはそれは大きな声で「ついてこないでーーー!!!!」ですと。

要所要所に見てくれてる当番さんがいるので、
おまかせしました。

学校2日目。
毎日いまのような笑顔で通ってくれることを願うばかりです。

明日は卒園式

明日、幼稚園の卒園式です。
例年に比べて、1週間も早くなりました。
オットが通園していた頃からのふるーい園舎を、建て替えるためです。

新しい園舎を経験することはなかったけど、
父ちゃんと同じ幼稚園、園舎に通えたというのは、
いい思い出になりました。

特に父ちゃんが(笑

3年なんてあっという間でしたね~。
参観日も年2回、親子遠足もないし、
どちらかというと保護者があまりかかわらなくてもいい幼稚園でした。

とはいえ、毎日の送り迎え、写真販売に行ったり、
好き好んで保護者向けの親子学級や、図書ボランティアなんてやったりして、
子パンダの様子をたびたび見に行ってましたね。

幼稚園の帰りには、毎日公園へ寄り道もしました。
小雪が舞う寒い日も、蚊に悩まされて蚊取り線香を持参した日も。

幼稚園での経験は娘にとって貴重なものだけど、
それは親にとっても同じ。

明日で終わりかと思うと…

最後の日を娘同様、思う存分味わいたいと思います。


幼稚園に入園してすぐの身体測定では、身長95センチ、体重13.5キロだった子パンダ。
先日の計測では、身長112.4センチ、体重18キロに。
3年間で身長が17センチ伸び、体重が4.5キロ増えました。

まだまだ小柄な娘ですが、制服姿は、ちっちゃな女子高生みたい♪(笑

その制服姿もおしまいです。

8年ぶりの労働

最後に仕事を依頼されてからはや8年。
途中、数ヶ月間事務のパートをしましたが、前職の仕事をするのはホント久しぶり。

時々「コンペで通ったら頼んでいい?」と声をかけてもらったりしていましたが、残念ながらご縁もなく…。

経年とともに、仕事を受ける自信もなくなっていました。


そんな時、上司から電話が。
コンペ提出用に原稿を書いてほしいと…

プレゼン用だから、取材もしないし、中身はダミー。うちの趣旨が伝わる内容で1000〜1500字。企画意図も説明したいから来社せよと。

で、行ってきたわけですよ、昨日。

イメージだけは考えてたから、すんなりと入れたものの、言葉が浮かばないし、字数ばかり気になるしで、てんやわんや…
。・゜・(ノД`)・゜・。

日当くれると言われたが、これでお金なんてもらうなんて申し訳ない(泣)それでも何とか形にしてはきましたけどね。

交通費と時給800円(本来時給換算するような仕事ではないけど)ももらえば十分!と思ってたのに、子パンダにおやつでも…と多くいただいてしまいました。コンペ参加費なんて支払われてないのに。申し訳なさいっぱいです。


それでも、自分の無力さを痛感する一方で、またやりたい!という気持ちがふつふつと湧いてきたのが正直な気持ち。

またご縁があるのか。

そのご縁をつかむのはもしかして自分自身なのかも。

まずは再考→手直しして、送り直します。
日当に見合う働きだけはしなきゃね。

3年手帳

2015年になり、気づけば1月も終わろうとしてますね。
子パンダのエレクトーンカーニバルが終わって、しばらくのんびりしていましたが、
そんなゆっくりもしていられませんよね。

4月から小学生になるんだし、その準備もぼちぼちはじめないと…。

が、まだまだのんびり気分。
寒いし(笑←関係ない!

2月半ばに小学校の説明会があるし、
卒園に向け、幼稚園行事も続々。
エレクトーンカーニバルは終わっても、3月末のスプリングコンサートの練習も始まってる。

ぼんやりしてる場合じゃないんですよねぇ。

今後の予定もきちんと把握しておかなくちゃ!と、
先週、まだ買ってなかった2015年の手帳を買いにいきました。
こんな時期に買うこと自体、ぼんやりしてる証拠なんですが。

日ごろ、スケジュール管理はカレンダーでして、
今日だれがどんな予定があるのかわかるようにしています。
あとはスマホのカレンダー。
外出先で予定確認できないのは困るから。

手帳は基本記録用ですね。
日記がわりというか。

そんな日記代わりの手帳を、今年はこんなのにしてみました。


schedule

3年日記ならぬ3年手帳。

バリバリ仕事している友人が使ってるのを見て、
こりゃいいな♪と思って。
仕事の予定、3人の娘たちの予定などなど、ぎっしり!でした。

子供一人、専業主婦のワタシにこんなんいるか??とも思いましたが、
子パンダが小学1~3年まで使えるし、その後小学4~6年生、中学生、高校生と、3年ごとの記録として使えるかな?と。

飽きちゃったらそれまでですけどね(笑

それに、今年はできれば働きに出たいなと思っていまして。
雇ってくれるというところがあればなんですが。

先日、以前勤めていた会社の上司から電話がありました。
地獄(?)のコンペシーズンに入り、もし仕事を請け負うことになった場合、手伝ってくれるかどうかという話でした。
子パンダが小学生になれば、今より都合がつけやすくなるし、
大丈夫ですよ♪と返事しました。

問題は、ワタシの都合でなく、能力じゃない?と思うんですけどね。
退職して8年ですから。
自分でも使えるとは思えなくて…(苦笑

ま、上司からのこういう話も毎年あるんですが、
ワタシを必要とする仕事にご縁がないようで、
依頼の電話が一本もありませんっ(笑

今年も期待せずに待つことにしましょう。

子パンダの小学校の予定、プライベートの予定、
仕事の予定(未定)など、この3年手帳にどんなことが書き込まれていくのか。

楽しみです☆

遅くなりましたが、2015年もどうぞよろしくお願いします。

完全燃焼!


以前からお話してたエレクトーンカーニバルに、昨日参加してきました。

結果から先に言うと…

最後の最後にミスはあったものの、約3分間、よくあそこまで演奏しきったなと
親バカですが感心しきりでした。

最後なんて、母ちゃん泣いてるし(笑)
ビデオカメラかまえる手も震えちゃって。

子パンダに「失敗した」と聞くまでミスに気づきませんでした。


2ヶ月間、子パンダは本当によく頑張りました。
恐らく1000回以上弾いたね、大げさでなく。
4週間で何とか弾けるようになるまでは地獄(笑)、そこからの4週間は苦悩の一言。
直前の3日間も小さなミスを直すために、必死で練習しました。

時間をかけたのはもちろんですが、個人レッスン30分×9回、
エレクトーンの部屋を30分×3回、60分×1回レンタルしてお金も使いました~(泣

でも、かけただけのことはありました。

子パンダの「本気がみたい!」と思って、カーニバルに参加すると決めましたが、
どれだけこの歌が好きなのか、どれだけ上手になりたいと思っているのか、
そして、どれだけ演奏することが好きなのかがよくわかりました。
それがわかっただけでも、この2か月間は無駄じゃなかったといえます。

会場は、140名収容の小さなホールですが、
先生いわく、「もっと大きなステージがいい!」という子と「これで精一杯!」という子がいるのだとか。

子パンダはどっちかな?
本番は堂々と演奏できるか、緊張でダメダメか?さて??と思ってたら、
緊張こそしているものの、普段通りの演奏ができたし、
最後には「もっと大きなホールでやりたい!!」と。

あはははは~。そう?やるき??本気なのね~。
じゃ、母ちゃんも覚悟決めて応援していかなきゃな~。

母ちゃん、今回の件でヘトヘトでしたけど、
子パンダの努力に負けてはいられませんね。

次は、3月末のスプリングコンサート。
今度はグループのみんなと一緒にアンサンブル♪
ともに頑張れる仲間がいるだけで心強いし、楽しみです。

 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。