プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おーじちゅー♪

今朝、5時半に起きてきて、
「抱っこ?!!」攻撃。

寝ようとすると泣かれる。
抱っこしていると次第に目が覚めてきたようだったので、
リビングへ。

ひとまず機嫌よくおもちゃで遊び始めたのだけど、
しばらくすると…

「おーじちゅ!」と言って、リモコンを持ってくる。

「あとで!ごはん食べてから!」と言うが聞かず。
母ちゃんは「おは朝」(関西ローカル「おはよう朝日です」)が見たいのだ。


ここ最近、「おーじちゅー!!」とうるさい。
「アンパンマン!」や「はなかっぱ」(教育テレビのアニメ)の次にうるさい。

「おーじちゅー!」とは、
「おかあさんといっしょ」の今月の歌、
「ジューキーズ」の中の歌詞、
「工事中♪」のこと。

この歌が好きでねぇ。
初めて聞いたとき、ノリがいいのできっと好きになるだろうとは思っていたけど、
たびたび見せろ!といわれるのには参った…。

アンパンマン号のおもちゃをテーブルに走らせながら、
「ガンガン、バンバン…○×△□…」と歌ってる。
アンパンマン号は重機じゃないよ…。



「アンパンマン」「はなかっぱ」は30分または10分は流しっぱなしにできるけど、
「ジューキーズ」は2分。

めんどくさいったらありゃしない。


でも、たしかにこの歌、
楽しいよねぇ♪


追記。
ジューキーズって、「ジュウキーズこうじちゅう」ってタイトルだったのね?。
スポンサーサイト

本日のメニュー

20091113195934
★ごはん
(サンマと青のり入り)
★筑前煮
(菊菜のおひたしも一緒に)
★ゆで卵(半分)
★りんご(1/8個)



1歳半をすぎ、離乳食から幼児食へと移行する時期。

とりわけがうまくできるようになってから、
作るのも随分楽になりました。


気をつけてきたのは、添加物と塩分。

これはどの家庭でも同じですよね?


低出生体重児の女の子は、
将来、高血圧症になりやすい傾向にあると聞いて、
今だけでなく、これからも薄味を心がけなくちゃと思ってます。


私たちの健康のためにも、
それが一番!!



で、今日の食べっぷりですが、
珍しくほぼ完食。


ご飯はあまり好きではなく、
おにぎりにしてみたり、
ふりかけ(干しエビと青ノリ、かつおぶしを粉末にしたもの)雑ぜてみたり、
朝ならおじやを作ったりしてみましたが、
なかなか…。


好き嫌い自体はないのですが、
ご飯の量がねぇ。


ちなみに今日のご飯の量は、サンマ込みで70グラム程度。
それを2口分くらい残すくらいまで食べるなんて、
よく食べたっ!!!


普段はこの半分くらいですかね?


最近、少しだけ塩をした魚を混ぜたご飯をよく食べるようになったので、
(魚だけだと塩分キツイ気がして、せめてご飯にまぜて、と)
週に3回は作ってます。



果物は毎日あげてますが、
『デザートは別腹よ♪』 とばかりに
ご飯やおかずを残してても
完食しますねぇ。



子供にワンプレートで食べさせてあげるヒト、いますよね?
うちもそうしたかったのですが、
冷ましたり、温めたりするタイミングが違ったりするのでやめました。

それに食べて欲しい順番もありますよね?


で、一皿ごとにしてるのですが、
食べ終わったり、もういらない!というものは、
ご丁寧にこちらのテーブルに置いてくれます。

ま、いらないと意思表示したからと言って、
それでは終わらせませんけどね。

ここからは私がスプーンで食べさせます。

でも途中で、『やっぱりいる?』と皿を要求し、
再び食べてくれるんですけどね。


うどんだとそんな必要もなく、
黙々と食べてくれるんですけどねぇ…

なぜ、そんなにうどん好き??


噛まずにツルンといけるからでしょうね、きっと(笑)



好き嫌いが出てくるのは、これから。


食に関する悩みは尽きないんだろうなぁ。

祝卒業☆

子パンダは大学病院で生まれました。

生まれてすぐ、NICUでお世話になり、
1ヶ月ほど入院していました。

NICU出身の子どもたちは、
退院後、順調に発達しているか、
定期的に発達外来で健診を受けることになっています。

生後半年ほどは、
体重が増えにくく(だって心臓が悪いんだもん、しゃーないやんっ!)、
厳しいチェックがはいっていました。

厳しいといっても、
先生はいつも笑顔で(女性です)、
できるだけママの負担にならないよう、
どうすれば体重を増やしていけるかといったアドバイスを
してくれてただけなんですけどね。


ただ、実家に帰ってるワタシのもとに、
地元の保健師さんに訪問してもらって
体重を計ってもらいましょう!とかまでなると、
さすがにキモチが休まりませんでした。

小さいことはわかってます。
でも、そのことを気にせず、
のんびり子育てをしているワタシにはきつかったですね。
見かねた地域の保健師さんが、
あまりに細かいチェックはかわいそうだと、
チクリと言ってくれたこともあったんですよ?。


生後半年を過ぎ、
少しずつ体重が増え始め、
さらに離乳食が2回食となったあたりから、
かなり標準に近づいてきました。

おかげでチェックもなくなり、
1歳、1歳半といった定例の健診だけになっていました。

そうなると気楽なもので、
他では聞けない相談ごとなど、
先生にいろいろ聞いてました。

ミルクはいつまでやるべきか、
睡眠はたりているか、
おやつはどの程度あげていいものか、などなど。

その点では、定期的に先生にお話を聞ける機会があるというのは
助かりましたねぇ。


発達外来にくる赤ちゃんはさまざまで、
卒業の時期もさまざま。

子パンダは2?3歳ごろまで通うことになるのかな?と
思っていたんですが、

1歳6ヶ月健診の昨日、
無事に卒業してよいという言葉をいただきました!!


体も相変わらず小さめで、
言葉の発達ものんびりだけど、
いずれも許容範囲だし、
あとは心臓の方で経過をみてもらってください、と。

ただ今後体重が急に落ち込むようなことがあったら、
必ず来てくださいって。

昼寝もできず、
でも遊びたいのに抱っこされたまま、
お医者さんの前に連れられてきた子パンダは、
まぁ、ご機嫌ナナメ(笑

おろせー!!と暴れまくりだったんです。

それをみた先生が笑いながら、
「小さいときにいっぱい注射したり、
寝たいのに無理やり起こすようなことしたから、
先生のこと嫌いやもんなぁ」とおっしゃったんですね。

たしかに子パンダはたくさんの管をつけられ、
血液検査のために何度も注射された手の甲が
青くうっ血してました。
(その後は何ヶ月たっても治らなかったんです?)

もしも子パンダにそのときの記憶があれば、
顔も見たくないでしょうけど、
ワタシやオットにとっては、命の恩人なんです。

子宮内胎児発育遅延と診断され、
転院したのは2年前。

無事に生きて生まれてこれない可能性もあるといわれ、
毎日泣いて過ごした日々から、
気づけばもう2年。

体中に管をつけられ、亜熱帯なみに蒸し暑い保育器で
小さく息をしていた娘も、
今はやんちゃし放題。

言葉では言い尽くせないほど、
感謝の気持ちでいっぱいです。


子パンダが置いて自分だけ退院したあの日、
NICUで泣いてしまいました。

スタッフの皆さんに見送られ、退院したあの日、
やっぱり泣いてしまいました。

先生に卒業といってもらったこの日も、
泣かずにはいられませんでした。


が、子パンダが大暴れだったので、
帰りの電車で涙ぐんだに過ぎないんですけど(笑



なにはともあれ、子パンダちゃん、
卒業おめでとう♪

そして、NICU出身のベビーたちが
みな元気に卒業していってくれることを
心から祈っています。

先生、ありがとう!!

初めてのこと

月曜、子パンダが一人ですべり台の階段をのぼりました。

まさかのぼってるなんて知らずに、
ママ友とおしゃべりしてたら、
向こうの方で騒ぐ声が…。

子パンダが一生懸命階段をのぼってる真っ最中!!

「ちょ、ちょっと待てーー!!」と
すぐさま駆けつけました。

最近ようやくすべり台の楽しみを覚えた子パンダは、
他の子供たち(2、3歳くらいかなぁ)が階段をのぼってるのを見て、
自分もやってみようと思ったのでしょうか。

今まで「階段をのぼる」という行為をすることがなかったので、
油断していました。

階段でワタシに捕まった子パンダは、
一緒にすべり台をすべってご機嫌♪

これからは毎回階段をのぼろうとするんだろうな。
気をつけないと!!



その日の夜。
子パンダの髪の毛を洗うとき、
いつものようにシャワーを頭からかけても泣かなかった!

後頭部から順位前の方へとシャワーをかけていくのだけど、
いつもなら、次第に体が緊張してきて、
前髪にお湯がかかると、ギャー!と泣き出してしまうんです。

最初はかわいそうかなとも思ったけど、
慣れてもらわなくちゃ!と思い、
たとえ泣いても、毎日頭からかけ続けてました。

すぐに拭くためのガーゼハンカチを片手に、
「かけるよ?」と声をかけ、
ほら♪ガンバレとゆっくりかけていましたが、
ようやく泣かずにいられるようになりました。

まだアワワワと余裕はなさそうですが、
立派なもんです。

シャンプーした後はまだ抱っこで洗い流していますが、
それは目をギューッと閉じられるようになってからね。


ヨシヨシ。


昨日、絵本を「ナイナイ」といって、
絵本を元の場所に戻せるようになりました。

いつも「読んでくれ!」と次から次へと棚からもってきては、
そこらへんに出しっぱなし。
しまいにゃ、床に落ちた絵本を踏んですべって転んでるしぃ。
気づけばひろって片付けるようにしていたんですが、
なんとか自分でしまえるようにと教えていたんですが、
昨日初めて片づけができました。

まぁ、今も散乱してますが(汗
少しずつ覚えていってくれるでしょう。


毎日変化がある。
昨日できなかったことが、今日できるようになってたりする。
ワタシの言ったコトバを理解して、行動できるようになってたりもする。
ほんの些細なことだけど、
毎日新しいことを覚え、少しずつ「人」へと成長している。
子供ってすごい。

と、感心することばかりだけど、
相変わらずグズグズと泣き叫ぶのはどないかならんものか…。

いま、寝る?

20090929184153
今日は、午後からお友達のうちに遊びに行ってきました。
(すぐ近所なのだ)



いつもなら2?4時頃にお昼寝する子パンダですが、
楽しかったのでしょうな。
睡魔と戦いながらも、楽しそうにお友達と遊んでました。

途中、寝かせようと抱っこをしてみたけど、
おろせ!!と暴れるだけで、
寝ようとせず。



帰る途中に寝たらどないしよ?。

中途半端に寝ると、ご飯食べるのも、
お風呂入るのも遅くなる?。


なーんて、心配してたのですが、
無事に家に着いたのです。

よしよし、じゃぁ早速ご飯を食べさせよう!と、
ひとまず手を洗って振り返ると、
ご覧のとおり。



えぇー!!!!


せめてご飯食べてー!!!


声をかけても、手を持ち上げてみても、
微動だにせず。




今夜は遅くなりそうです。


ま、子供が小さいうちは、
友達と楽しくおしゃべりするにも、リスクがあるってことですな♪

まもなく予防接種シーズン

新型インフルエンザの感染者が死亡したというニュースを見て、
子パンダは大丈夫だろうかとドキドキしてしまいます。

亡くなった方のほとんどが持病がある方のようですが、
心臓に穴があいている子パンダは、
「持病あり」でリスク高めになってしまうんでしょうかねぇ。

来月早々に検診(心電図&レントゲン)があるので、
先生に聞いてみようとは思っていますが、
どうなんでしょう…

子パンダは国内産ワクチンの接種対象になるんですが、
本当に打っても大丈夫なのかも心配。

だって、治験はしているけど、
臨床試験はまだだって言うじゃないっすか!!

いいの??
ひどい副作用とか出ないん?

季節性インフルエンザのワクチンは接種しますが、
(今年の供給量は昨年より2-3割減らしいですね)
新型についてはかなり尻込みしてしまいそう。

とはいえ、尻込みしてて、
在庫がなくなったなんてことになっても困るし?。

乳幼児を育てているお母さんたち、
どうします???



インフルエンザは2回接種。
子パンダは三種混合も1回あるし、
未だ受けずじまいのポリオを
今度こそ受けておきたい。

最低でも4回は接種があり、
申し込んでおいたHibワクチンの順番も
そろそろまわってくる頃(だといいな)。

このうえ新型インフルエンザを2回追加となると、
予防接種だらけだぁぁぁ。

ふぅ?。


それに、うちはシナジスもあるんですよ?。
(シナジスについてはまた書きますね)
先生からは、今シーズンは受けなくてもいいかも、と言っていただいてますが、
できれば受けておきたいなと思ってて、
そうなると、10月から来年4月まで毎月。
通うだけで変なウィルスに感染しそうで怖いっ!!


冬に病院へ連れて行くのも大変だけど、
これだけたくさん注射をされるの子パンダはもっと大変。

とはいえ、病気にならないためには
予防接種を確実に受けておかないといけないし。

来月から始まる予防接種シーズンを
母子ともに乗り越えていきたいと思います。


まずは手洗いをしっかり、ですな。

夕暮れ散歩

20090921172408
帰省中、母の姿が見えないと大泣きしていた子パンダさん。


保育所での経験がそうさせたのか、
ここ最近、知らない(記憶にない)ところで
母と離されると泣き出してたんですが、
実家でも案の定、発狂するかのごとく泣きまくりで。

いろいろ母の手伝いをしてあげたかったのですが、
何もできず。

それどころか子パンダの食事の準備もすすまない…。

トイレにも行けないし?。


1歳5か月にして後追いですか???


なんだか思ったようには楽しめてませんが、
私さえそばにいればご機嫌なんで、
付き合ってあげますよ?(苦笑)


前回の帰省で、いっぱい刺激を受けて、
賢くなったなぁと喜んでたんだけど、
今回はどうだろう。
ある意味、知恵がついてきて、
いつもと違う空気を察知してるのかも。


もう明日にはおばあちゃんたちとバイバイだよ。

今夜はあまり泣かずに、
いっぱい笑顔をふりまいてあげてちょうだいな。

帰省中

20090919142724
車中、昼寝をすることなく、
うぎゃぎゃ、あぎゃぎゃと
テンション高めな子パンダさん。


お盆の帰省と違い、
窓から見える風景を楽しむという知恵もついたようで、
窓際にペットボトルを並べて遊びながら、
時折外を指差しては、
奇声を発してます。


乗客の皆さん、ごめんなさい。




それにしても、長い電車の旅、シールブックは役に立つねぇ。

午前中の日課。

20090918190735
最近、お天気も過ごしやすくなり、
子パンダもあんよが上手になってきたので、
連日公園通いの日々…。

午前中の1?2時間程度なんやけど、
砂や草の手触り、心地よい風、
まだまだ強い日差し、
公園で会うお友達や柴犬モモちゃんなどなど、
たくさん刺激を受けているようで、
日々いろいろな成長がみられるようになったのよ?。

ま、付き合うこちらとしては、
ますます自分の時間がなくなってしまったけど、
公園に集まるママさんたちとも仲良くしてもらい、
楽しくしてるのでヨシとしよう。



ただね?…


子パンダは、何でも口に入れて確認するクセが未だなおらず、
(かなり減ったんやけど)
気付けばどんぐりを食べてたり、
スプーンですくった砂を食べたり。

おしゃべりに興じてばかりはいられませーん。


困ったやつデス。




明日から実家に帰ってきます。



田舎でたっぷり子パンダに付き合ってきまーす。

保育所デビュー

行ってきました、保育所に。

前回、とーーーーーっても楽しそうにしていた子パンダですが、
今日は一転。

到着して、保育士さんと話をしていると、
泣きこそしないものの、
ワタシのそばをつかず離れず。

お昼寝もしっかりしてきたし、
ご機嫌で遊んでくれるものと思っていたのに、
おかしいなぁとは思っていたのです。

一緒に行ったお友達のMちゃん&Yちゃんは、
日ごろから後追いをするタイプだったし、
Yちゃんについては、前回の見学の際に、
雰囲気を察知してか、
室内に入ったとたん大泣きしてたので、
泣くこと必須!!と予想していました。

保育士さんに、「出るときは振り返らずにサッとね」と言われ、
後ろ髪を引かれつつも、ササッと退室したのですが、
お友達は予想通り、大泣き!!

建物の外に出ても声が聞こえてくるくらい。
それはもう、聞いてるこっちが泣きたくなるような、
悲しい絶叫に、
二人のママたちも、泣きそうに。

子パンダは様子がおかしかったものの、
泣き声が聞こえなかったので、
「何事も経験?♪」くらいのキモチで、
ママたちとゆっくりお茶してきたのですが…。


再び保育所を訪れると、
まず目に入ってきたのは、
泣いてお迎えしてくれたYちゃん。
続いて、切ない顔して抱っこされてる子パンダでした。

Mちゃんは最初泣いたものの、
途中からは一人でマイペースに遊んでたようで、
お迎えに行ったときも、
ママに気づかず楽しそうに遊んでました。

Yちゃんも途中で自分の状況を悟ったようで(賢いっ!!)、
遊び始めたんですって。

で、一番大丈夫だろうと思っていた子パンダですが、
ずーっと泣いてたようで、
抱っこ!抱っこ!と保育士さんにねだりっぱなしだったそうで…。

おやつの時間も食べようとせず。

2ヶ月前に訪れたときは、あんなに楽しそうだったのに、
いったいナゼ??

もともと抱っこを強要(?)するタイプでなく、
後追いも少なかった子パンダですが、
最近、知恵がつくとともに、
やけに甘えてくるときがあったり、
一人遊びの時間が減り、一緒に遊んで欲しがったりと、
なにやら様子が変わってきてたんですね。


それでなのかなぁ。

または、必ずそこに母さんがいると分かってるから
一人で好き勝手遊んでられるのかなぁ。


帰宅後、これはいつも以上に甘えてくるかも?と覚悟してましたが、
帰ってみればいつもどおりでホッ。




来週にも、2時間ほど預ける予定になっているのですが、
(今度はうち一人で)
果たしてどうなることやら。


子パンダには慣れてもらわなくちゃ困るのですが、
今日のところは、一人ぼっちにしてかわいそうなことをしたという切ないキモチと、
「やっぱワタシがいなきゃダメなのねん♪」といううれしいキモチでいっぱい。


ちなみに、預けた保育所は、
駅から徒歩3分ほどの無認可保育園ですが、
保育士サンの対応には安心感がもてましたよ。

2時間ほどの一時保育でも、
保育内容や園での様子が丁寧に書かれた
保育日誌もいただけたし。

これからしばしお世話になりますが、
いいところが見つかってよかったデス。


さぁ、明日は子パンダの要求されるままに、
いっぱい絵本を読んであげようかなぁ。




風をきって走れ!

20090728192509
子パンダがしっかり歩けるようになるだろう秋頃に、買おうと思っていた子供乗せ自転車。

お出かけには、ベビーカーか抱っこ紐を使ってたんだくど、
抱っこ紐じゃ暑いんだな。
親子ともども。
お腹らへんが超密着だから。


ベビーカーも暑かったりするし、
いつ雨が降り出すかわかんない近頃の天気じゃ、
ベビーカーでのスローペースなお出かけは厳しい。

実際、先週、局地的な大雨というのに遭遇しちゃったし。

最近の夕立って、すぐにやまへんねんな。



そんなわけで、先月あたりから、
抱っこ紐で自転車に乗ったりしてたんですわ。


子パンダがまだまだ小さい頃、
同じようなことをしてる人を見て、
『あんな危険なこと、ようせんわ』などと言ってましたが、
よ?くわかりましたよ。
こうでもしなきゃやってらんないってこと。

幸い、子パンダはミニマム級で軽いから、抱っこ紐での移動を苦にしなかったけど、
8か月ほどで10キロを超えるようなでヘビー級ベビーはキツイはず。



買ったのは、丸石自転車のふらっか?ずCOMO

自転車のスタンドをたてただけで、ハンドルロックされるやつデス。

子供乗せ自転車って、値段がピンキリで。
いったい何が違うのか、値段の分、何がいいのか、
自転車屋さんに聞いたり、
ネットで調べたりして決めました。


うちは、ハンドルが自動でロックされるものにこだわりました。
そのかわり、変速機能はナシ。

坂道のほとんどない尼崎には、必要ないもので。


で、安い自転車屋さんを見つけ、
後ろに荷物のせるカゴをつけてもらって、
定額給付金で買ったのです?。



金額内で…と思ってたけど、
ヘルメットをプラスすると、
予算オーバー。

でも、安全にはかえられませんからねぇ。



ヘルメットは苦手。

ベルトで固定されるのも苦手。


それに、かあちゃんの顔も見えないし、
子パンダにとっちゃ、『なんじゃこら!!』なようで、
困り顔でグズグズ言うてるんですが、
いざ走り出すと、
風が心地よいのか、
いつもより景色の流れが早かったり、
目線が高かったりするのがおもしろいのか、
黙って大人しくなるんですねぇ。

セミの鳴き声のうるさい木々を指さし、
あぎゃあぎゃ言うてましたわ。



まだまだ歩きがよちよちなんで、
スーパーに行ってもややこしそうだけど、
しばらくは練習をかねて、自転車ドライブを楽しみたいと思います。



で、梅雨はいつあけるわけ????
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。