プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウイーク


みなさんはいかが過ごされますか、ゴールデンウイーク。


ずっと天気がよいらしく、お出かけするのにもってこい!

とはいえ、朝から渋滞がひどいみたいですね。

ホントお疲れ様です。



で、うちのゴールデンウイークですが…


本日オット出勤。
休みは明日から。
よって朝からいつものように買い物に行って、
ただいま公園にきてます。


明日は子パンダを連れて、病院。
子パンダには痛い思いをしてもらいます(泣)


3日には、子パンダのいとこの初節句祝いに。

1、4日は、オットは毎年恒例の展示会へ。
今年は全く作品づくりができず、
罰金3万円(1点につき1万というルールなんです)を支払うことに(泣)

この日まワタシと子パンダは普通の生活。
きっと公園に来てるんやろなぁ。


残る2、5日にお出かけしようと思ってるんですが、
1日は買い物に出かけることになりそう。
もう1日は子パンダが思う存分楽しめる場所へ行きたいのですが…。

どこがいいだろ。



昨日、ある広告が入ってまして。
5日に、市内のショッピングモール(ていうのかなぁ、あれ)で、
アンパンマンショーが開かれるらしいのです。


み、見せてやりたい…


広告を見せただけで、
『うわぁー!アンパンマン!!』と大興奮なんですもの。


でもせっかくのゴールデンウイーク。
ニトリとコーナン、あと食べるとこしかないような場所で終わるのもなぁ。

アンパンマン見て、ビックリドンキーでハンバーグ食べて終わり??

日頃出かけられないところへ出かけたいのに。
それは寂しい…



どうなるわが家のゴールデンウイーク。


まずは子パンダが病気せずに過ごしたいものです。
(去年は夏風邪で5日間も39度以上の熱を出されたので)



みなさんも元気に楽しいゴールデンウイークをお過ごしください。
スポンサーサイト

サンキューな一年


16日にワタクシも誕生日を迎えました。


39歳になりました。



喜ばしい年でもないので、
今さらお話することもないんですけどねぇ。


誕生日当日は、おじいちゃん&おばあちゃんを招いて、
子パンダのお祝いをしていたので、
ワタシのことはスルーだったのですが、
(これからはずっとそうなるんですよね?)
翌日にオットからケーキが、
その翌日にはお義母さんから花が贈られました。


いやぁありがたい、ありがたい。


ショートケーキに、3と9のロウソクが重そうでしょ。



39歳。


サンキューですね。



『サンキュー』にふさわしく、
たくさんの人や出来事に感謝して一年を過ごしたい。


そう思います。



が、早速誕生日当日に、
お義父さんにキレて、
痛い発言をしてしまいましたよ。


この日は、子パンダの手術日を決めるために、
心臓血管外科の先生とお話し、
気分的にもテンパってたということもありましたが、
それにしても、相変わらず大人げない…。


しっかりと反省させていただきます。


来年は不惑の40。


何事にも惑わず、自分の進むべき道を邁進できるでしょうか。

本日のメニュー


治部煮を作ってみました。
人気のお料理ブログを参考に。


本当は鴨肉なんだけど、
鶏の胸肉で。



胸肉でも柔らかくおいしくできましたよ。



しいたけをうさぎに、人参をくまに型抜きし、
やっぱり食の細い子パンダに媚びを売り…(笑)



さぁさ、いただきましょ。

2歳になりました


子パンダは、15日にめでたく2歳になりました。


プレゼントは、アンパンマンのジャングルジム。

友達のうちで、楽しそうにしてたもので。

これなら雨の日でも体を使って遊べるしね。

組み立てるそばから、
『アンパンマーン♪』と
大騒ぎでしたよ。


喜んでもらえて何よりです。

クリスマスプレゼントのマドレーヌちゃん人形は不評でしたから(泣)



あ?、段ボールが並んでますねぇ。

リビング以外の部屋には、未だ段ボールが積み上げられております。

いつになったら片付くのやら。



それにしても早いものですね。



小さな体で、おっぱいも飲めず、
ふにゃふにゃ泣いてた子パンダが、
いまやこんなにおてんばさんになるなんて。


心臓の手術という大きな試練が待ってはいますが、
それ以外は元気で、
日々小さな成長をみせてくれています。


2歳児としての成長具合はどうなんだろう。


1歳まではホントに小さかったですね?。
10か月でおむつのサイズが
ようやくMサイズになったくらいですから。


病院からの厳しい体重チェックに悩んだ時期もありましたが、
いまや標準近くにまで増えてますからね。


成長曲線のブログパーツをはりつけてますが、
体重は結構増えてきてるでしょ?

ここ最近のは、服を着て、おむつもパンパンな状態で計ってるので、
若干重めですけどね。



知能や心の発達はどうかな??


言葉はのんびりだと思いますね。

よくしゃべりますけど、母に似て(笑)

2語にはならないです。


単語数は、最近おうむ返しが増えてきたおかげで増えてきました。

私がよく使う言葉もマネしたり。

『あっち行って』とか
『なに?』とか。

なぜ、そういう言葉からマネするのっ!



ビックリしたのは、
誕生日の日に、初めてウンチが出たことを教えてくれたこと。

『おむつ!』を連呼し、『くさ?い』と。

トイレトレーニングは、手術が終わってからゆっくりやるつもりで、
おまるに座らせるとか、
そういうのを全くしてなかったんですね。

おしゃべりが上手になったら、
始めてみようかなと思ってたくらいで。

退院したら、気候も暑くなってる頃。

トイレトレーニングの準備でもしてみますか…

お守り


退院後、普通の生活をしています。



検査のためにできた内出血の後は、
まだまだ治りそうにありませんが、
いつもの調子で日々過ごしてますよ。


今日も公園のお友達と遊んできました。

本当は花見をしようって言ってたんですが、
桜は昨日の雨で散ってるし、
地面も濡れてたから、
公園で遊んだあと、お友達のうちにお邪魔してきました。


ママ4人。子供6人。
まぁ、やかましいったらありゃしない(笑)

いっぱいのおもちゃに囲まれて
(うちは少ないんだなぁ)
とても楽しそうでしたよ。



ママの一人から、子パンダに誕生日のプレゼントがありました。


アンパンマンの絵本。


それと手作りのアンパンマン人形。

袋には、お守りという文字と、〇〇神社(〇〇には彼女の苗字)という文字が。



手術がうまくいきますようという願いが込められたお守りでした。


ワタシより11歳も年下で、
若い頃(まだまだ若いけど)やんちゃをしていたという彼女。
いつも『めんどくさいから、こたつから出てけーへんねん』とか、
『言うこときかへんかったら玄関の外に放り出すねん』と、
何でも適当にやってるわといった感じの言い方をするし、
手芸なんて真っ平ゴメンとでもいいそうなのに、
こんなかわいいプレゼントをしてくれるんですよね?。

思わず泣きそうになりました。

一緒にいてとても楽しくてかわいい彼女に、
やられてしまいました。


こりゃ頑張らないてね。


今度の入院には必ず持っていきます。

入院5日目

今日、退院です。



昨日の夜から明け方まで、
夜泣きというか、
やけに何度もグズグズ言っては
起きてきた子パンダさん。

いつもなら起きてくる時間なのに、まだ寝てます。
眠たいんでしょうね。


母ちゃんもね、眠いんだよ?(笑)


寝るスペース、君に占領されまくりだから。
ベッドの柵に押さえつけられ、
体もコリコリだし。


今夜は広い布団でゆっくり寝ようね?。



11時には退院できそうです。


次の受診は16日。
ワタシの誕生日です。


子パンダは2歳となり、
ワタシは39歳に…(泣)


めでたいついでに、
手術もうまくいってもらいたいものです。



あ、起きてきた。

入院4日目

子パンダの傷の回復は驚くほど早くて、
どんなに暴れてもびくともしていません。


あまりの元気っぷりに、
昨日、どうしてもと言うなら明日に退院できなくもないけど
と言われてしまいました。


でも、絶対大丈夫のお墨付きをいただかないのも怖いし、
退院できる体制にないので、
予定どおり金曜の退院となりました。


となると今日はガーゼ交換と傷跡チェックくらいで、
あとは子パンダのストレスのはけ口を見つけてやることくらい。

普通に生活しています。


子パンダもすっかり入院生活になれたようですね。


ご飯の時間になると、食事の準備をしようとしたり、
プレイコーナーにいても、
ベッドにいるしまじろうをとりにいこうとしたり。

いらんことをして、母ちゃんに叱られ、
時には手をバシッとはたかれたりもしてます。

家と全く変わらず、
病院内でしっかり『生活』ができてる感じ。
(限られた空間の限られた行動でのストレスはあると思います)



これで、ベッドで少しの時間くらい一人で『待つ』ことができればねぇ。


ま、それは贅沢な話ですね。



手術入院は10日から2週間。

今回の検査入院は、病院での生活や行動などの予行演習するのに十分でした。

本番は長くなるし、心配などさまざまなストレスもあると思うので、
いろいろ検討の余地はありますけどね。



話はかわり。



隣に入ってきた赤ちゃんは
どうやら生後2か月のよう。


ママと二人のおばあちゃんの3人体制で付き添われてるみたいですが、
とにかく泣きっぱなしです。


体調の悪さもあるのでしょうが、
抱っこしてなきゃ泣いてしまう、
いわゆる背中にスイッチのある赤ちゃんのようですね。


子パンダはスイッチのない赤ちゃんどころか、
眠たくなったら『おろせー!』な赤ちゃんだったので(笑)、
その苦労をしりません。
(今の方が抱っこしてなきゃギャン泣きするときがあるくらいです)

なので、こんな言い方をするのはどうかと思うのですが…



まだまだ小さくか弱い赤ちゃんが、
痛い思いをして、抱っこしてと泣いてるんだから、
抱いてあげたらいいのに…と思うことがよくあります。



ここの看護師さんは、
かわりに抱っこしてあげたり、
夜中に散歩へ連れ出し、ママを処置室で寝かせてあげたり、
ミルクをあげたりと、
付き添いの方を一生懸命サポートしてあげています。

それは隣で見てても、感動するくらい。



なのに、付き添いのおばあちゃんは、
必死なのはわかるけど、
『なんでおいたら泣くの??』って赤ちゃんに言うてるんですよ。


まだ入院したばっかりやし、
交替したばかりやん。


一番大変なのは、赤ちゃん自身やのに。



手術してない赤ちゃんのママだって、
抱っこしてなきゃ泣いてしまう赤ちゃんのお世話を、
家事をしながらやっています。

何日も何日も。


それを3交替(それも半日ペースのようです)で付き添ってるにもかかわらず、
入院初日(それまでは病院が管理してくれてたようです)で、
それはないでしょう?

家にも帰らず、一日中廊下を抱っこして歩いてるママ(生後4か月の赤ちゃんでした)だっているのに。


同じ立場にないワタシが言うのもおかしな話ですけどね。



今も赤ちゃんは切ない声で泣いています。


どんなに泣いてもいいんですけどね。


子パンダはそれでも寝てるし、
うちだって廊下に響き渡る声で騒いでるんですから。


ただ、早くママが戻って、
赤ちゃんのキモチが安らげばいいなぁと祈るばかりです。



NICUでもそうでしたが、
ここは子供たちが一生懸命生きようとする強さを感じられる場所。


来月、ここに戻ってきた時には、
子パンダにそう感じさせられるのでしょうね。



さぁ、そろそろ昼寝から起きるかなぁ。


いないいないばあっ!の時間ですよー(笑)



ここ、イヤホンなしでもテレビを見てよい(ただし小さな音で)ので助かりました。

入院3日目

昨日はよく眠れました。


狭いベッドだし、
子パンダの足(曲げないようにしなくちゃいけません…が無理!)も気になるしで、
ゆっくり熟睡というわけにいきませんが、
すっきりしています。



昨晩も寝る前に、
アンパンマンだのバイキンマンだの大騒ぎだった子パンダ。

消灯すぎてもうるさいもんだから、
申し訳なくって。

お二方には謝ってたのですが
(小さい子供やから仕方ないよ、気にしないでと
優しく言ってもらってました)
あとお一人には挨拶する機会がないままで、
大丈夫かなぁと思ってたんです。


その方が夜、
『…寝れない…』というような事を言ってらっしゃるのが聞こえてきました。

何と言ったのかは子パンダの声で掻き消されたので、
うちのことかどうかはわかりませんが、
あまりお話されない方だし、
その状況ですからね。


子パンダのことでしょう。



今朝、子供部屋があくのを知っていたので、
看護師さんに移動をお願いしました。


午後には移動でき、ひと安心。

子供同士なら気遣いも減るかと思いきや、
新生児に近いような赤ちゃんが
隣に入ってきました。


その赤ちゃんが寝ようとしてるときに子パンダが
『アンパーンチッ!』などと叫ばないかとやや心配。


ま、赤ちゃんも夜中に何度も泣いちゃうやろし、
お互い様ですよね。


やはり子供同士は気楽です。





で、本日の子パンダですが、
朝、圧迫固定が外され、絆創膏だけになりました。
足も自由にしてよくて、
通常生活OKの許可が出ました。

早速、朝9時過ぎからプレイコーナーで遊ばせたんですが、
はしゃぐわ、走り回るわ…
見ていた看護師さんも苦笑いを浮かべながら、『しゃーないわな、じっとしてるわけないやろし』と。


ワタシもまぁいいかと思ってたのですが…


お昼ご飯を食べていると、
主治医の先生が来てくださいました。

その元気っぷりと走り回ってることを伝えると、
『走るのはあかん。昨日の今日やのに』と。

そりゃそうね。

念のために腫れたりしていないか
みてもらったら異常なしでひと安心。


でも気をつけないとね。



といいつつ、昼寝もせずにはしゃぎまくり、
夕食を前に寝てしまいました。


今夜また騒ぐつもりやな、さては。


元気だからヨシとしますが、
これから手術だってあるのだから、もう少し聞き分けがよくなってほしいなぁ。



無理やろなぁ。

入院2日目 検査結果

夜に、主治医の先生に呼ばれ、
オットと子パンダと3人で、面談室に入りました。


入るとまず目に飛び込んできたのは、
カテーテルを入れられた子パンダの心臓の映像でした。


生まれてすぐに、足から心臓までカテーテルを入れられた様子の
レントゲン写真を見たときも衝撃的でしたが、
今度は心臓がしっかり拍動してる映像。
こんなことをされてたんだと思うと、
また泣きそうになってしまいました。
(もう何を見ても泣けてきちゃうんですよ)



映像と画像、イラストを見ながら、
一つひとつ子パンダの心臓の状況が説明されました。


結果は…

肺に流れてしまっている血液は、
通常の2倍。
1.5倍までなら計画観察できるけど、
これは手術しなければならない状態。

大量の血液が肺に流れ込むことで、
肺の血管が通常よりかなり太くなってしまっている。

心臓にも負担がかかるため、
1.4倍に肥大してしまっている。


さらに、大動脈弁が穴に入り込んできていて、
このままだともっと入り込むようになり、
弁が機能しなくなる。


というものでした。



カテーテル検査をしたことで、
予想していた以上に症状がよくないことがわかりました。


子パンダに怖い思い、痛い思い、
不自由な思いをさせた甲斐があったと
思うしかありません。



早速、手術を担当してくれる心臓外科の先生の予約をとりました。

退院したら、手術の日程を決め、
輸血用に自分の血液を採取していかなくてはなりません。

噂によると、首からとるので、ギャン泣きするのだとか。

それが3週(週に一度)続くのだから、頑張ってもらわなくちゃ。


来週は子パンダの誕生日。


2歳のお姉ちゃんになるのだから、
がんばれるよねー?


いや、無理っぽいな(笑)

入院2日目の午後。

子パンダは昼寝中。


また今夜はしゃぐつもりですよ、きっと(汗)



いつも足を曲げて、うつぶせで寝る子パンダを、
足を伸ばして寝かせるのは難しく、
とにかく抱っこです。
(今は大の字で寝てくれてますが)

昨日からずっと抱っこなんで、
すでに筋肉痛。

おとなしく抱っこされてりゃいいのに
暴れるからまた辛い。


でも明日午後には歩けるから、
もう少しの辛抱です、お互いに。



日頃少食で、病院のご飯が食べられるか心配だったのですが、
こちらが『まだ食べるの?』と心配になるくらい
ガッツリ食べてます。

ストレスを食で解消するかのごとく。


検査後はなかなか食べられないそうですが、
ほぼ完食でしたし。

抱っこで、ほぼ寝た状態なのに、
よく食べました。



わがムスメ、なかなかのツワモノと思われます。
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。