プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間救急に行った理由。

退院から1週間。

退院したその夜に、夜間救急のお世話になったと書くだけ書いて、
何があって、その後どうなったのか、
お伝えしていませんでした。
申し訳ありません。


結果から言いますと、
手術した傷口が開いてしまい、
現在、傷の下部が穴のあいた状態のままで、
ひとまず抗生剤を服用しながら様子を見ているといった状態です。

術後間もないのに、傷口が炎症を起こすと、
心臓にも影響するため、心配しましたが
(この話について後日詳しくお話します)
今日の段階で、心臓には影響しないだろうといわれ、ホッとしたところです。



問題は傷がキレイに治るかということ。


心臓が通常の機能を果たせるようになったことは有り難いことですが、
ただでさえ気になる傷口が、
必要以上に広がったり、汚くなってしまうことは、親として非常に堪え難く、
ましてや無事に退院してからこんなことになるなんて、
どうしていいかわかりません。



毎回タクシーで外来に通っています。
(まだ外出許可がでていないし、天気もよくないから)

往復すると3000円程かかるのはなかなか痛いですが、
少しでも傷口をキレイに治すためには、
痛いなんて言ってられません。

第一、痛い思いをしてるのはワタシではなく、
子パンダ自身なんですから。

(普段はご機嫌です♪処置の際に、痛いと泣き叫んでいます)


幸い、担当の先生はまめに電話をかけてきて、相談に乗ってくださったり、
気になることがあって病院に電話をかけても、
看護師さんがとても丁寧に、
親身になって対応してくださってるので、
心強いです。



でも、どうしてこうなったのか、
これからどうなるのか、
不安でいっぱい。

あの時ワタシがこうしていれば、
事態はもう少しマシだったんじゃないかと
後悔することばかり。


でも、なってしまったものはどうしようもない。



頑張って手術を乗り越えた子パンダのために、
傷が少しでもキレイになるように
最善を尽くすしかないのですから。



ただいま奮闘中でゴザイマス。



退院した日の夜からの話は、
後日、順を追ってまとめていきたいと思ってますので。


ただ、こういうケースは稀らしいので、参考にはならないかもしれませんが。



明日も外来。
行ってきまーす。
スポンサーサイト

退院しました

たくさんの方にご心配いただいたのに、
報告が遅くなってしまいました。
ごめんなさい。

22日に無事に退院してきました。



前日の検査もすべて問題ありませんでした。


外来に行くのは、28日。
それまではしばらく外出禁止。


外にも出たいだろうが、
しばし我慢してもらいましょ。




と、ホッとしていたら…


退院した夜に、夜間救急のお世話になることに。


この話についつはまた。


ひとまずご報告まで。

貧血予防に。

話は入院前に戻りますが…


1回に90CCも採血すると、
点滴でカバーするといってもなかなかです。


そこで、採血スタートの1週間前から、
鉄剤を服用し、貧血を防止します。


薬は、インクレミンというシロップで、
甘苦い感じに加え、鉄分なので血のような味もします。

これを1日2回。
食間に服用します。


最初、1日3回にする?と聞かれましたが、
お出かけしたときなど不便なので、
2回にしたのですが、
おかげで1口で飲み切れる量じゃなくなりました。



薬といえばいつもシロップ薬で、
離乳食のスープや果汁を飲ませるときに使う
ピジョンのスプーンで
あげていました。

甘いせいか、子パンダも喜んで飲んでくれていましたが、
インクレミンをいつものようにひとさじゴクンと飲むと、
『な、なんじゃこれー!』とばかりに渋い顔になり、
逃げてしまいました。


嫌だからと飲ませないわけにいかないし、
『お薬のめたよ』など、薬を飲ませやすくするアイテムもシロップだから使えません。

体を押さえこんで、無理矢理飲ませるしかありませんでした。


スプーンでは手間がかかるし、
手で払いのけてこぼしてしまう可能性大。

もらっていた計量用の小さなカップで
口に一気に流し込むことにしました。


飲ませられる子パンダも苦痛ですが、
飲ませるワタシも苦痛。


数日は戦いの日々でした。


でも、次第に飲んでくれるようになったのです。


諦めの境地だったのでしょうか(笑)


ワタシのひざにまたがり、
体を少しだけ後ろに倒したところに、
ホイッ!と流し込みます。


1回では飲めないのが残念ですが。


時々嫌がって逃げることもありますが、
なんとか手術まで飲ませることができました。


うちは採血を6回もしたので、
2か月間も飲んでたわけで。


術後先生にきいたら、
自己血の貯血を3回以上する人なんていないらしいんです。

インクレミン服用も1か月間だけ。


そう考えたら、薬の服用といい、
採血といい、ホントよく頑張りました。


おかげで手術は自分の血液だけでまかなうことができたので、
感染症の心配もいらなかったし。



ちなみにこのインクレミン、
服用すると、驚くほど真っ黒なうんちが出ます(笑)


うちはひじきを食べさせた日に、
真っ黒なうんちが出たので、
てっきりひじきのせいだと思ったんですけどね。


ひじきであそこまで真っ黒なうんちは出ません。


うちはインクレミンを飲む以外にも、
鉄分豊富なフォローアップミルクを飲ませたり、
ひじきや小松菜などの食材を使うようにもしていましたよ?。



今日は朝から血液検査。
相変わらず処置室で大騒ぎでしたが、
出るときには先生たちのリクエストにこたえて、
アンパンマンの歌を歌っていました。


余裕やん♪


午後からはレントゲン、心電図。

睡眠導入剤を飲んでエコーです。


この薬がなかなか効かず、苦労するんですよね。


『眠ってたまるか!』という子パンダの意地のおかげで、
こっちはクタクタ。時間はおすはで、大変です。


お願いだから今日は素直に寝てね?。




これが終われば退院です。

水分制限

術後のケアで大切なことの一つに、
水分の摂取制限と尿量チェックがあります。


手術を終えたばかりのときは、
心臓がうまく機能していない『心不全』の状態です。

この時、たくさんの水分を摂取すると、
血液の流れがよくなるために、
心臓への負担が大きくなってしまうのです。

そのため、術後しばらくは水分の摂取量が抑えられます。

浮腫も出てくる場合があるので、
どれくらいおしっこが出ているかも確認します。


24時間で、どれくらい飲んで出したか、
きちんとチェックできるように、
入院前から量をはかる練習もさせられるんですよ。


水分はお茶やジュースなど、
食事に含まれる水分以外すべて。

尿量はおむつを、おしっこだけ、便だけ、おしっこ&便の3パターンで、
重さを記入していきます。



飲んだ量は、1歳まで母乳以外の水分をすべて記入していたし、
おしっこの量もNICUの時に経験していますが、
2歳児ともなると、簡単ではなく…。


水分量については、いつでも飲めるように、
満タン(200ミリ)にしたストローマグをおいているので、
何時にどれくらい飲んだのか、ハッキリしません。

マグは、空っぽになった時間を記入することで許してもらえました。

問題は、自分のコップ以外でも飲んだりすること。

私の飲んでるお茶を欲しがってギャーとなったり、
飲みかけのお茶をこっそり飲んでたり。

場合によっては、友人宅でお友達の飲みかけのマグを勝手に飲んでたりも。

練習はお友達と遊ばない日で、
勝手に飲まないよう目を光らせるしかないですね。

病院では、勝手に飲んだりできないので、
管理は楽になります。


練習も毎日しなきゃいけないわけではないので、
しやすい日を選んで頑張ればいいのです。


問題は、飲みたがるのを我慢させること。


子パンダはお茶飲み娘です。


特に寝る間際。

お風呂あがりに400ミリ近くの麦茶を飲んでおきながら、
布団に入り、もう寝る!という、ゴロゴロしだした頃に、
『おちゃー!』と要求し、
満タンのマグを飲み干します。

さらに、『空っぽ!おちゃー!』と、
おかわりを要求し、また飲んだり。

結局、お風呂あがりから1時間ほどの間に、
600?800ミリくらい飲むんです。


朝はおむつがパンパンになり、
おしっこが漏れてますよ。


もともとお茶はよく飲んでましたが、
おたふくかぜになったあたりから
布団に入ってから飲むようになってしまいました。


入院前の1日の摂取量は1800ほど。

大人だって、なかなか飲めませんよ。



手術をして、一番グズグズ言う頃に、
お茶を我慢させるなんて…。

個室でも借りなきゃやってらんない!と、
入院前はもちろん、術後まで心配していたし、
先生や看護師さんにも相談していました。
(そういえば手術前の絶飲食も心配でした)




でも、ICUを出る時には、
浮腫もないので、自由に飲ませていいとの許可をもらうことができたんです。

その日も、朝から2時までに700ミリも飲んでたそうで…。
夜寝るまでに1000以上も飲んでましたよ。


飲む量は制限なしでしたが、
病室に戻ってから3日間は、
浮腫防止に利尿剤ラシックスを服用し、
その間尿量も計ってました。


ラシックスの効果と、
夜中目覚めるたびにがぶ飲みお茶をがぶ飲みするため、
24時間で1800もおしっこ&便を出してましたよ。


プラスおもらし分ね(泣)


ベッドにはバスタオル2枚をひいてますが、
次々に被害にあうため、
洗濯はオットに自宅で洗ってもらってますが、
間に合わず、2度も病院で洗濯しましたよ。

おむつも漏れるのが怖くて、
早めに交換するので
(なのに漏れたりする?)
消費が早いっ!!



ラシックスは飲み終わったので
出過ぎる(?)ことはないでしょうが、
夜中に数回起きてお茶を要求するのは勘弁してほしいなぁ。


ま、飲みたいのに飲ませてあげられないよりいいですけどね。


今日は検査のない一日。


明日は、採血、レントゲン、心電図、エコーと検査のフルコースなので、
今日はゆっくり過ごしたいと思います。

大きすぎる勲章


昨日、術後初めてシャワーを浴びるために、
ガーゼを外してもらいました。

執刀医からも担当医からも、
『傷は小さく済んだよ』
と言われていたので、過剰に期待していたのかもしれません。

想像以上に大きく見えた傷にうろたえてしまいました。


これで小さいの?

胸をザックリ切ってるやん。


子パンダは、『なんだ、これ?』とばかりに触ろうとします。


傷はかさぶたこそできているものの、
まだまだ生々しい感じ。


これから3か月から半年にわたって、
傷口をきれいにするため、
テープで圧迫固定をします。

できるだけキレイになるようにしてあげなきゃいけないんだけど、
本当に目立たなくなるんだろうか。


胸の傷は、子パンダが頑張った勲章で、
これからつらいことが起きたとしても、
傷を見て、大きな手術を乗り越えたことを思い出してほしいと思うけれど、
ちょっと大きすぎるよな?。



今日、担当の先生にそんな話をすると、
ホントならこの辺から切らなあかんから、
大分小さいと思うねんけどなぁ。
これ以上小さくは無理やし…と、
首のすぐ下あたりを指差して話されたのを見て、
これ以上贅沢は言えないんだなと思いました。


無事に手術が終わり、
走り回れるまで回復してるだけでも感謝、ですよね。


ビキニは無理だけど、ワンピースの水着なら見えないし。

『ビキニだって着てやるわっ!』
と、今の子パンダなら言いそう(笑)



傷口の写真をアップするのは、
少しためらいました。


でも、これから同じ手術を受けるお子さんをお持ちの方の
参考になればと思って。



手術を受けさせる親としては、
傷の大きさはどうしても気になりますしね。




さて、昨日から、個室にうつりました。

大部屋かと思ってたので、ラッキー!

ひとまず月曜朝までここで、
もしかした、退院までいられるかも。


まわりに気を遣わなくていいので、助かります。



いま遅めの昼寝中。

たくさんのアンパンマンに囲まれてます。


寝言で『アンパンマン…♪』というんですよ。


子パンダの回復は、病院スタッフのみなさんと、
アンパンマンたちのおかげ。

足を向けて寝れませんよっ(笑)

最短コースで退院か!?

昨日、すべての管がとれ、
レントゲン検査も問題なし。


ちょっと微熱が(37度を少し超える程度)出たるくらいで、
元気いっぱい。

日頃少食なのを悩んでるのが嘘のように、食欲も旺盛だし、
いつものように、なかなか昼寝せず、いつまでも遊んでいます。



術後、見てられない姿だったなんて、
きっと誰も信じてもらえないだろうなぁ。

いや、それでいいんだけどね。
ワタシたちだけが知っていればいいこと。



夕飯をほぼ完食する勢いで食べてた時、
担当医の先生が来て、
(採血や病棟での担当をしてくれてる若い専攻医です)
『金曜に採血して問題なければ、月曜にエコー、
それで問題ないなら、
早ければ火曜に退院かな』と。



は?退院?


火曜に?



え、えぇーーっっ!!

いいんですかぁー?


『もうちょっとおりたかったら、水曜や木曜でもえーけど』

その程度?

2週間て聞いてたので、びっくりしました。そんなに早くて大丈夫なんですか?

『特に問題ないし、元気でしょ?』



はい…。元気です。


で、でも?。


じゃ外出はいつからできます?


『外来は金曜やから、火曜退院ならその週の金曜に外来に来てからね。
水曜以降なら翌週金曜ね外来以降やな』


外は予期せぬこともあるから、
外来に来てから徐々に外に出られるといった感じになりそうですが、
家の中なら自由にしてていいそうです。


でも、まさかこんなに早いなんて思いもしませんでした。


『子パンダちゃんは、術後問題なく順調に回復した場合の最短コースやね』


最短て、盲腸だって1週間後に抜糸とかでない?


胸をザックリ切って、骨も切って、
大人なら1週間は痛みと戦うというような手術をしたのに?


子供の回復力ってすごい!

子パンダ、あんた、すごいわ(笑)



術後2、3日はぐったりするとか、
2週間は入院だとか、
そんなことを聞いて覚悟してたのですが、
いい方に裏切られてしまいました。



今朝は、執刀医で、一番エライ先生が顔を出してくれて、
(毎朝来てくれます)
『検査結果がよければ火曜に退院しよか』と。

本当に大丈夫なのかと再度確認すると、
『熱出たり、しんどくてぐずるようならまた戻ってきたらええんやし』
ですって。



月曜のエコー検査では、時々別の穴が見つかったりすることがあるようですが、
(大きな穴がふさがることで初めて気づくような穴)
これはふさがるから問題なし。

心臓のまわりに水がたまる場合があるので、
それは処置が必要とのこと。


今のところ子パンダを見た感じでは、
そういうトラブルもなさそうだと言われました。


すごいなぁ。


今日は採血してひと泣きしたら、
シャワーです。


もうシャワーが浴びられることにもビックリですよ。



そんなに簡単な手術だったのかと疑いたくなりますが、
大変な手術だったのは間違いなし。



医学の発達と子供の回復力に感謝しなきゃいけませんね。


その辺を歩かせても問題ないようですが、
(どうせベッドの上で歩いたり跳んだだりしてるし)
無理させないようにしたいと思います。



いやぁ、驚いた(笑)



今日はこれから大部屋に戻ります?。

特別室、快適だったなぁ。

身軽になりました


今朝、病院側の都合で個室にうつってきました。

しかも来てビックリ!

特別室なんですよー。

病院都合なので、もちろんタダ♪

術後、大変そうだからと個室を借りようかと言ってたので、
ラッキーでした。
(大人だけの部屋に入ることになったら、居づらくてたまりませんから。
子供部屋に空きがあってよかったー!)


写真じゃわかりづらいですが、
L字型になっていて、
バストイレ、ミニキッチン付き。

ま、お風呂とキッチンは使えないんですが、
なんせ広いので、
夜に簡易ベッドで寝るスペースもゆったり。

大きな音でDVDを見ても気になりません。


昨日の夜は、ベッドの心地悪さに寝付かれず、
寝たと思ったら、輸液ポンプのエラーで子パンダが目覚めたり。
さらには、深い眠りにつけたあたりで、
子パンダがスッキリ目が覚めたらしく、
アンパンマンの歌を熱唱したり、お芝居したりを
1時間以上。

同室には明日手術を控えたお子さんが寝てるというのに。


子供のすることだから仕方ありませんが、
今も眠くて、だるくて。



今夜はまわりを気にしなくていいだけでも、
気楽です。


それに今日は、一日早く、
胸のドレーンや点滴、心電図すべて外されたんです。



実は術後に投与した抗生剤があわなかったらしく、
発しんが出たようで。

必ずしも抗生剤を必要とはしないのでやめたようですが、
そうなると体に管を入れておくことで雑菌が入る恐れが出てくるため、
早めに抜くことになったそうです。

不要な血液も十分出たようだし。


ご飯もしっかり食べてるので、
点滴もいらないでしょうとのこと。


本当なら明日の血液検査の結果を見てから、
が普通なんですけど、
問題なさそうだしね。

傷口も随分とキレイなようです。

ホッ。



微熱と術後の疲れから、
少しだるそうだったり、よく寝たりしていますが、
ぐずることはないですね。


身軽になったおかげで、
寝てる間にチューブがひっぱれたり、
巻き付いたりする心配がないので、
私も楽チンになりました。



管がすべて外れたので、
午後からレントゲンです。


良好だといいなぁ。


ちなみに特別室は明日まで。

今日はたっぷり満喫させてもらいますよ。

驚異の回復力


これ、手術前の写真じゃないですよ。


ICUから戻ったばかりの様子です。



もうビックリです。

昨日のことが嘘のようで。


本当に手術した?って思うほど、元気いっぱい。


戻るときに昼寝をしてたもんだから、
寝足りなくて、けだるそうにはしてますが、
ぬいぐるみを手に一人劇場中。

紺色の袋を肩に下げてますが、
この中にドレーンの袋が入ってます。

お腹からチューブが出てますよね?

不要な血液がここを通って、
袋に入るようになってます。


後は点滴と、心電図がつながってるだけ。



時折外したがるんですが、
あの手この手でごまかしてます。



昨日は黄疸も出て、本当に苦しそうだったのですが、
一転、今日はご機嫌だったようで、
朝からアンパンマンのDVDを見てご満悦。

ここの食事はご飯がやたら多いのですが、
(いつもの倍近く盛られています)
2/3ほど食べ、おかずも半分食べたようです。


術後は水分の制限があるのですが、
(この件についてまとめたかったんですけど、またにします)
浮腫もなく、順調なので、
制限なしでいけるとのこと。


朝から『おちゃー!』と要求し、昼寝までに700ミリ、
先程も150ミリほど飲んでましたよ。

お茶飲み娘なので、制限することにかなりビビってましたが、
ホッとしました。


いま、再びメロンパンナちゃんを抱っこしながら
寝ちゃいましたよ。


今日はまだ痛みがあり、
発熱もあるかもしれないので
要注意ですが、
想像してたような状態じゃないので
安心しました。



みなさんにご心配をおかけしましたが、
ご覧のとおり、元気に過ごしています。

みなさんが応援してくれてたおかげですね。

ワタシもどれだけ勇気づけられたか…


本当にありがとうございました。


入院日記(?)はまだまた続きます。

しばらくお付き合いください。

術後の夜。

最初の面会から、3時間後。


夜7時に、呼吸器がはずれ、落ち着いてるとの連絡があり、
すぐにICUへ向かいました。


入室するとすぐに、看護師さんから、
『点滴もいま必要な最低限のものと量になってますよ』
と教えられました。

順調であることに少しホッとしながら、
ベッドへと向かうと、
酸素マスクをされ、しんどそうに顔を歪めている
子パンダの顔が見えました。


すぐにベッドサイドに行き、
名前を呼んでやりながら、
頭をなで、手を握ってやると
ぼんやり…というより朦朧とした様子でありながらも、
目を一生懸命見開きました。


母ちゃんがいることがわかったのでしょう。

もがいて手を伸ばしてきました。
いつものように『抱っこー!』と叫びたいのに、
声にならない感じで。


何度も名前を呼び、
『よく頑張ったなー。大丈夫!父ちゃんも母ちゃんもおるで。ほら、ばあちゃんもいてるで』
と言ってやりました。


子パンダは目に涙を浮かべ、
しんどそうに顔をゆがめたり、
足をばたつかせたり。


腕は、紐でベッドサイドにやんわりと固定されていたので、
管が外れる心配はなかったのですが、
自由にならない体に、
苦しい体に、本当に辛そうにしていました。


手術の際に、胸骨をきっているのですが、
大人なら1週間は痛みが続くそうですが、
2歳児は骨も軟らかいため、
大人より痛みも回復も早いようです。


でも、理由もわからず痛いのですから、
こんなに苦しいことはないでしょう。

傷口は小さく済んでますが、
皮膚組織などが落ち着くまでは引きつれた状態です。
これも嫌だろうし、何よりみぞおちあたりから管が数日間出ているのだから、
不快で仕方ないと思います。


術後冷たくなった体は38度近くまで熱くなっていました。

氷枕をしてもらってましたが、
しんどいやろなぁ。


朦朧としながらも何度も目を見開き、
手を伸ばしながら涙を流す子パンダの手を、頭を、
オットと二人撫でてあげました。

でも、泣くとしんどくなるんですよ。

だから30分ほどいましたが、
これ以上いて、安心させるどころか、
辛い思いをさてはいけないと思い、
ICUを出ることなしました。



家族控室で一晩過ごすつもりでしたが、
容態も落ち着いているし、
明日午後には病室に戻れるとのことだったので、
帰宅することに。


前夜にほとんど寝れなかったこと、
精神的にもきつかったこともあり、
かなり疲れていました。


明日からも子パンダは辛くて相当グズグズになるので、
気にはなるけど、
家で疲れをとっておかねば!
と素直に帰ってきました。


しっかり食べ、ゆっくりお風呂に入り、
たっぷり寝ることができました。



栄養ドリンクも飲んで、
準備万端。
いま病院に到着しました。



少しは元気になっているといいなぁ。



では、いってきます。

無事に終わりました

ご心配をおかけしましたが、
手術は無事に終わりました。


午後2時半ごろ、執刀医から、
手術の一番大事な過程が無事に終わったと
連絡が入りました。

後は縫合するだけで、4時までには面会できること、
穴は予想どおり結構大きかったこと、
傷は小さくて済んだことが伝えられました。



よかった。

無事でよかった。


大丈夫。
そう信じていても怖くて仕方なかった。


プラスに考えようとしても、
マイナスイメージを拭いきれなかった。


先生の明るい声と、
子パンダが落ち着いてるとの言葉で、
やっと緊張から解き放たれた気がしました。


それからしばらく待ち、
4時にICUへ。



先生や看護師さんに迎えられ、奥へと進むと、
ベッドの上に横たわる、
小さな体がありました。


遠くから見えた瞬間、涙がどっとあふれてしまいました。


事前に術後の状態を知らされてはいたものの、
目の前の子パンダの姿は想像以上。


人工呼吸器のほか、たくさんの管がつながった、
まるで蝋人形のようだったんです。


体を触ってもいいと言われ、
触れた足は冷たくて、
見た目にも血色が悪く感じました。


目はうっすら開いてたので、
看護師さんに『寝てる時、いつも目を開けてる?』と聞かれたのですが、
いや、そんなことないんだけどなぁと思い、
名前を呼んでみると、
麻酔がきいてるはずなのに、
大きく目を開き、異変に気づいたかのように、
腕を動かし、声をあげようとして咳込みはじめたのです。

すぐに看護師さんがなだめ、
頭をなでると、ゆっくり目を閉じて、
再び眠りはじめました。


子パンダにはいったい何が起こってるのか、
わからなかったでしょう。


痛くて、苦しくて。


見ているのが本当に辛かったです。


先生から、すでに自発呼吸できているから、
間もなく呼吸器も外れるだろう、
見た目には辛そうだけど元気だと言われたことが救いでした。



子パンダは、小さな体で、大きな手術を乗り越え、
必死に頑張っていました。



まだ辛い状況は続くけど、
必ず乗り越えてくれるはずです。



あんな大変な手術に耐えたんですから。


そして、たくさんの人に愛され、
応援されているから。



子パンダの母ちゃんとして、
お礼を申し上げます。


本当にありがとうございました。


これからもどうぞよろしくお願いします。
 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。