プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな試練

子パンダも3歳2ヶ月。

先月、3歳児健診に行ってきました。

身長・体重測定のほか、眼科、耳鼻科、歯科、小児科の医師による健診、尿検査がありました。

尿検査は、自宅で採尿したものを持って行くのですが、
子パンダは未だオムツさんのため、うまく採れるか心配で、1週間前から練習しましたよ。

視力・聴覚検査も事前に自宅で行いました。


なんだかめんどくさいことばかりだなぁと思いましたが、
当日その場で、なんて無理ですもんね。



身長88.1センチ、体重11.9キロで、小柄ですがバランスはバッチリ。

歯もすごくキレイだと褒められ、気分上々だったのですが、
一つだけひっかかってしまったことがあったのです。



それは眼科。

右目が内側に寄る内斜視の疑いがあるらしく、眼科で検査を受けるように言われたのです。

ただ、小さい子供は『偽斜視』といって、実際には何の問題もないことが多いので、
特に心配する必要もないし、とにかくまずは検査してもらってと言われました。


『たいていは大丈夫』。

そう言われたら、いつもなら『疑い』ではなく、『うち、絶対ビンゴだ!』と確信するのに、
なぜか今回は『大丈夫だろう』と思ってしまったんですねぇ。

どうしてだろ。

いま、思い返しても不思議です。

なんせ『めったにない』ことにことごとく該当してきたから、常に最悪の事態を想定する癖がついてたはずなのに。


だから、眼科で内斜視は疑いではなく、確実なものであることを指摘され、
大学病院の専門外来で診てもらうように言われた時はショックでした。



内斜視には2つの種類があり、治療には1つはメガネによる矯正、もう1つは手術しかないということを知った時の気持ちは、どう表現していいかわかりません。


ただ言えるのは、また子パンダに大変な思いをさせてしまう…、
どうして普通に産んであげられなかったんだろう…
そんな気持ちでいっぱいだったということ。


かわいそうで、親として申し訳なくて、涙が止まりませんでした。


心臓の手術からようやく1年。

定期検診も昨年12月を最後に1年ごとになり、やっと人並みの心配だけで済むようになったと思ってたのに。

子パンダにたくさんの我慢を強いる生活をさせなきゃいけないのが、
親としてとても辛いです。



でも泣いてても、斜視は治らないわけで。

1年半ぶりに大学病院に行ってきました。


続きはまた。
スポンサーサイト

バタバタしています。

ご無沙汰をしてます。

いろいろ書きたいことはあるのに、
なかなか時間がとれなくて。

2歳になってからパソコンでの更新がしにくくなり、
3歳になると携帯からの更新もしにくくなり。

というのも、午前中は毎日何かしら外出してるし、
午後は昼寝があいまいになってきたので、
一人のんびり携帯に向かう時間がとれなくなってきたんです。


あ、昼寝があいまいと言ってもしなくなったわきじゃありません。

今でもほぼ毎日2時間くらいするんです。

でも寝付くのに、時間がかかり、せっかく昼寝してくれてる時間は家事をして、少しホッとしたら終わり。

3月から、朝5時半に起きるようにしたのですが(夜、子パンダと一緒に寝てしまうから)、
貴重な1時はぼんやりと録画を見る時間になってるし、で。


あぁ…

月日の流れるのは早いもんだ。



ちなみに午前中は


☆月曜
ヤマハ(月3回)

☆火曜
親子の体育遊び

☆水曜
幼稚園での親子教室(第1・3)
サークルその1(第2・4)

☆木曜
サークルその2(月3回)


とまぁ、平日は金曜しかあいていない状況。

その金曜も、オットが仕事の土曜も、晴れていれば公園に行くわけだから、
毎日外出していることになるんですけどね。


忙しいといえば忙しいけど、
大変かと聞かれればそうではないなぁというのが感想。

雨が降っていても、『お外に行こう!』とうるさいですから。

親子共々、毎日の外出を楽しんでいます。



つい先日、子パンダが風邪をひき、37~38度の発熱や咳、下痢等していましたが、元気いっぱい。
毎年かかる、39度以上の発熱をともなう、たちの悪い風邪にはかからず、元気に過ごせていることに感謝!です。


そんなわが家に、あらたな試練がありました。

あった、というか、試練のはじまりなんですが。


やっと普通の、体の心配をしなくていい生活が始まったと思っていたのに。


詳しいことはまた…。



そういや、心臓の話もきちんと完結させてなかったなぁ。

それもいずれまた。

父ちゃんの顔


子パンダが初めて描いた、父ちゃんの顔。

サークルで、先生や他のママさんたちに見せて歩いた程の
自画自賛の作品ですが(笑)


クレヨンは0歳の頃から持たせていますが、
自由に描かせようと思って、
『目はこうよ♪口はここよ♪』なんて教えることはなかったのに、
自然と目鼻口を描けるようになるもんですね。

これまでアンパンマンなどは描いてましたが、
ハッキリとコレは父ちゃんだと言って描いたことがなかったので、
うれしくなって、フレームに入れて飾ってしまいました。

百均ですけど。



気をよくしたのか、最近じゃ何を作っても人に見せ、賞賛されたい子パンダさん。

ほめられて伸びる子です(笑)
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。