プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清く、優しく、たくましく!

ご無沙汰しています。
時の流れは早いですね〜(笑)

気づけば、子パンダも小学2年生!
親の私もビックリです。

子パンダは、好きな彼と同じクラスになれて大喜びでしたが、仲良しさんとはみんなバラバラ。

また一から気の合うお友達を見つけることから始まります。

いまは、他のクラスになってしまった友達と遊んでいるようですが。

先日、子パンダが休み時間に友達と4人で遊んでいると、別の仲良しさんが一緒に遊ぼうと言ってきたそうで。

でも、他の友達が、「えぇー!あかんやんなぁ」「だって、すみっコぐらし、知らんやろ〜?」(すみっコぐらしごっこの最中だったらしい)などと言って、拒否したらしいんです。

子パンダはというと、拒否された友達がかわいそうな気持ちもあったが、まわりが強く反対してるし、自分もいまは4人で遊んでて楽しかったから、「う、うん…そうやんなぁ」と、同意してしまったと。

遊ぼうと言ってきた子は、クラスは違えど入学してすぐに仲良くなり、遊んでてもケンカ一つしない。子パンダも彼女は優しいから私も優しくなれると言っていました。気の弱いところのある彼女がなかなか友達に声をかけづらく、たまたま見つけた子パンダに声をかけたというのに、な、なんてことを!!

彼女がどんな気持ちだったか、自分が同じ立場ならどうか、一緒に遊ぶ方法はなかったのか、娘と話をしました。

翌日彼女に謝ろう!ということになり、登校していきましたが、気になって彼女のママに電話してみることに。

すると、登校中、ママと家の前にいた彼女を見つけた子パンダは、走って彼女にかけより、手を取って、「昨日は仲間はずれにしてごめんね!」と謝ったそうです。

そして二人で手をつないで学校へ。
(が、他の友人がやきもちやいたのか、二人の間に割って入り離されたらしい💦)

それを見ていたママは、親がそばにいるのに、大人の顔色を伺うことなく、仲間はずれにしてごめんねと謝りに来てくれたことがものすごくうれしくて、泣きそうだったと。

グループの中で強い子がダメだと言ったら、他の子はなかなか逆らえない。だから、子パンダちゃんのことは責めなくていい。仲間はずれにしたことを悔やんで、ちゃんと謝りに来てるんだからね、と。

その翌日も彼女がいるのを見つけて、両手で手を取り、学校へ行ったのだそう。

それを聞いて私も涙が出ました。

母ちゃんと話したことをきちんと理解してくれてること、相手を思いやってあげられてること。そして、グループ内における子パンダの立場。

そんなこと、よくある話で、誰もが経験しています。そこでいろいろなことを学んで強くなり、人との付き合い方を学んでいくのでしょう。

日々、友達とのことで小さい胸を痛めている子パンダ。何とかうまくいかないかと必死に考え、でもうまくいかず。気持ちを切り替えて、また新しい1日を始める。その繰り返し。

母ちゃんはただ励まして、見守るしかありません。


今日は、娘の8歳の誕生日。

頑固で、マイペースで、夢見がちで、怖がりで。神経質で、器用じゃなくて、お話も下手。何をするにも時間がかかり、要領もよくない。

でも、とにかく素直に育ってくれました。
優しい気持ちも持ってることがわかりました。

親バカなのは百も承知なんですけどね。


強くなること、器用になることは、これからいくらでも成長できます。
でも、優しい気持ちを持てる子に育てようにもそう簡単には育たない。

優しい娘に育ってることを、友達のママが教えてくれました。子パンダも母ちゃんも、そのことに自信を持って、一つひとつ成長していけばいいんだなと思いました。

明日は、私の誕生日。
友達のママからもらった感謝の言葉は、最高のプレゼント。

これからも子パンダが、清く、優しく、たくましく育ってくれますように。
スポンサーサイト
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。