プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完治しました

ご無沙汰しています。

ご心配をおかけしましたが、
無事に肺炎は完治いたしました。

肺の影もきちんと消えていました。

最初、1週間分の薬をもらっていたのですが、
血液検査で炎症反応の数値が下がりきっておらず、
引き続き5日分の薬を飲んでいました。

引っ越し後、毎日点滴に通うなんてできるのだろうかと
思いましたが、
お義母さんと友人の協力で、
引っ越し当日以外はすべて通うことができました。

先生には若いから治りが早いと言われましたが、
(38歳って若いのか?と思っちゃいました)
あと一歩治りきらなかったのは、
まったく安静にしてなかったから。


肺炎を治すには、まず安静。
あと栄養をとって、薬をきちんと服用し、
毎日点滴に通うことといわれましたが、
帰宅後、すぐに荷造り。

その日は、お義母さんに来てもらう予定になっていたので、
一人で病院へ行くことができ、
家の掃除やらを手伝ってもらったりしたのですが、
やはり荷造りとなると、ワタシでなければダメで。

引っ越し当日は、ワタシのあまりの咳き込み具合に、
引っ越し業者のスタッフさんが驚き、
新居に移ってからはイスで休んでいるよう気遣ってもらったりしたのですが、
そうはいっても、あれやこれや指示しなければなりません。
オット一人で対応できるものもあれば、
やはり二人で相談して、答えを出さねばならないこともあって。

引っ越し後も少しでも早く生活ができるように、
それなりに片付けなければならなくて、バタバタ。

治るまでお風呂も禁止だったため、
(疲れちゃうかららしいです)
オットに早く帰ってきてもらい、
子パンダをお風呂に入れてもらい、
夜は子パンダと一緒に朝まで寝ていましたが、
最初は咳が辛くて寝るどころじゃなく…

日中も安静なんてできませんし。




それでもご飯が食べられるようになり、
咳も少しずつ楽になってきて寝られるようになると、
自分でもよくなってきているのが実感できるようになりました。

で、完治にいたったと。


20日(土)には完治していたのですが、
なかなか報告できず。



それは…


子パンダの猛烈な後追いに負けてたから。



引っ越してから、子パンダがどう変わるか心配だったんです。

お友達の中には、引っ越してしばらく、
夜泣きをしたお子さんもいたりしてたので。


引っ越し当日は、初めて保育所に9時間以上も預けたので、
その反動も怖かったんです。

でも、保育所に迎えに行くと、
とってもご機嫌で。

新居に連れて帰っても、
すごく楽しそうに家中を走り回ってたんです。


な?んだ、子パンダは大丈夫やん♪


と思っていましたが、しばらくすると、
どこへでもついてくるようになりました。

ついてくるだけならいいのですが、
少し姿見えないと、発狂するかのごとく、
泣き叫ぶのです。

前の家は、リビングからでもワタシの様子が見えていたのですが、
今度は違います。

まだまだ寒いということもあって、
すぐにドアを閉めちゃうんですが、
そうなると母の姿が見えない。

ドタドタダッシュで追いかけてきます。

さらに、今度は3階建てですから。

1階へおりる階段は危ないからと
(お風呂に勝手に入らないほうがいいだろうと思って)
ベビーゲートをつけたんです。

それからますますひどくなり…。


子パンダは1歳4ヶ月のころ、
保育所に預けたことをきっかけに
後追いをはじめましたが、
それまでは全然。
お風呂だって、ワタシ一人で入って、
洗い終えてから子パンダを迎えに行ってたくらい、
テレビを見ながら一人で遊んでてくれる、
とっても楽ちんな赤ちゃんだったのです。


その頃に苦労していない分、
今の後追いはなかなかきつくて。


今は、どこへ行くにも、
「○○行くよ?」とお誘いして(笑
一緒に来てもらいます。
一人で3階や1階に行ったりしません。

抱っこしてくれという要求も驚くほど増えましたが、
できるだけこたえています。

一緒にいてくれと言われれば、
家事も片付けもストップし、
一緒にいます。

なので、ブログ更新どころか、
引っ越し後の片付けも進まない状態だったんです。
昼寝のときにしかできないことを、
必死にやってるって感じですかね?。


最近はできるだけ要求にこたえているので、
発狂泣きは少ないですね。
(というか泣かさないように頑張ってるんです)


でも、今までリビングと寝室しか行き来できない状態だったのが、
いきなり家中フリーなわけですから、
そりゃもうやりたい放題で。

怒りっぱなしですよ(笑


で、怒られて泣く。
グズグズで甘える。

う?ん、なかなか難しいです。



親子ともども早く慣れたいものです。





コメントをいただいてるのに、
返していないままでごめんなさい。



スポンサーサイト

コメント

大丈夫ですか!

なかなかコメができなくって4月になってしまいましたが。
肺炎、完治するまで本当に大変だったのですね。
ただ遠くで見守っているだけで本当に申し訳ないです。
そして、子パンダちゃんの後追い・・・
うーん、どうすればいんでしょう。でもうちの息子の後追いにとっても似ているなあと思い、何か参考になるような言葉が出てくれば・・・と思ったのですが
なかなか難しいです。
実際、うちの息子は昨年いっぱいは後追いしてたから、本当に大変だったのですが、どうしてたか?何か対策は?と聞かれると、「何もない」のが事実でして(笑)
とにかく、一緒にいれば落ち着くようなので、膝に据わらせて遊ばせたりとかずーーーっと一緒にいるようにしました。という事で起きている間は本当に何もできなかったです。(食事も簡単に準備できるものがずっと続きました。)
こういうのって親も子供も気持ちが不安定だとなかなか難しいものがあるようです。
パンダさんも片付けやらなにやらいろいろとやらなくてはいけない事があって大変ですが、子パンダちゃんと長い時間付き合ってあげるのが一番いい方法かもしれないです。
長々とまとまりのない文章、失礼しました。
後追い、ずーーーっと続くわけではないので、頑張ってください。子パンダちゃんが寝入ったら片付けの前に思いっきり休憩してくださいね♪
2010-04-02 13:43 | うらら #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。