プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院2日目 検査結果

夜に、主治医の先生に呼ばれ、
オットと子パンダと3人で、面談室に入りました。


入るとまず目に飛び込んできたのは、
カテーテルを入れられた子パンダの心臓の映像でした。


生まれてすぐに、足から心臓までカテーテルを入れられた様子の
レントゲン写真を見たときも衝撃的でしたが、
今度は心臓がしっかり拍動してる映像。
こんなことをされてたんだと思うと、
また泣きそうになってしまいました。
(もう何を見ても泣けてきちゃうんですよ)



映像と画像、イラストを見ながら、
一つひとつ子パンダの心臓の状況が説明されました。


結果は…

肺に流れてしまっている血液は、
通常の2倍。
1.5倍までなら計画観察できるけど、
これは手術しなければならない状態。

大量の血液が肺に流れ込むことで、
肺の血管が通常よりかなり太くなってしまっている。

心臓にも負担がかかるため、
1.4倍に肥大してしまっている。


さらに、大動脈弁が穴に入り込んできていて、
このままだともっと入り込むようになり、
弁が機能しなくなる。


というものでした。



カテーテル検査をしたことで、
予想していた以上に症状がよくないことがわかりました。


子パンダに怖い思い、痛い思い、
不自由な思いをさせた甲斐があったと
思うしかありません。



早速、手術を担当してくれる心臓外科の先生の予約をとりました。

退院したら、手術の日程を決め、
輸血用に自分の血液を採取していかなくてはなりません。

噂によると、首からとるので、ギャン泣きするのだとか。

それが3週(週に一度)続くのだから、頑張ってもらわなくちゃ。


来週は子パンダの誕生日。


2歳のお姉ちゃんになるのだから、
がんばれるよねー?


いや、無理っぽいな(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。