プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院4日目

子パンダの傷の回復は驚くほど早くて、
どんなに暴れてもびくともしていません。


あまりの元気っぷりに、
昨日、どうしてもと言うなら明日に退院できなくもないけど
と言われてしまいました。


でも、絶対大丈夫のお墨付きをいただかないのも怖いし、
退院できる体制にないので、
予定どおり金曜の退院となりました。


となると今日はガーゼ交換と傷跡チェックくらいで、
あとは子パンダのストレスのはけ口を見つけてやることくらい。

普通に生活しています。


子パンダもすっかり入院生活になれたようですね。


ご飯の時間になると、食事の準備をしようとしたり、
プレイコーナーにいても、
ベッドにいるしまじろうをとりにいこうとしたり。

いらんことをして、母ちゃんに叱られ、
時には手をバシッとはたかれたりもしてます。

家と全く変わらず、
病院内でしっかり『生活』ができてる感じ。
(限られた空間の限られた行動でのストレスはあると思います)



これで、ベッドで少しの時間くらい一人で『待つ』ことができればねぇ。


ま、それは贅沢な話ですね。



手術入院は10日から2週間。

今回の検査入院は、病院での生活や行動などの予行演習するのに十分でした。

本番は長くなるし、心配などさまざまなストレスもあると思うので、
いろいろ検討の余地はありますけどね。



話はかわり。



隣に入ってきた赤ちゃんは
どうやら生後2か月のよう。


ママと二人のおばあちゃんの3人体制で付き添われてるみたいですが、
とにかく泣きっぱなしです。


体調の悪さもあるのでしょうが、
抱っこしてなきゃ泣いてしまう、
いわゆる背中にスイッチのある赤ちゃんのようですね。


子パンダはスイッチのない赤ちゃんどころか、
眠たくなったら『おろせー!』な赤ちゃんだったので(笑)、
その苦労をしりません。
(今の方が抱っこしてなきゃギャン泣きするときがあるくらいです)

なので、こんな言い方をするのはどうかと思うのですが…



まだまだ小さくか弱い赤ちゃんが、
痛い思いをして、抱っこしてと泣いてるんだから、
抱いてあげたらいいのに…と思うことがよくあります。



ここの看護師さんは、
かわりに抱っこしてあげたり、
夜中に散歩へ連れ出し、ママを処置室で寝かせてあげたり、
ミルクをあげたりと、
付き添いの方を一生懸命サポートしてあげています。

それは隣で見てても、感動するくらい。



なのに、付き添いのおばあちゃんは、
必死なのはわかるけど、
『なんでおいたら泣くの??』って赤ちゃんに言うてるんですよ。


まだ入院したばっかりやし、
交替したばかりやん。


一番大変なのは、赤ちゃん自身やのに。



手術してない赤ちゃんのママだって、
抱っこしてなきゃ泣いてしまう赤ちゃんのお世話を、
家事をしながらやっています。

何日も何日も。


それを3交替(それも半日ペースのようです)で付き添ってるにもかかわらず、
入院初日(それまでは病院が管理してくれてたようです)で、
それはないでしょう?

家にも帰らず、一日中廊下を抱っこして歩いてるママ(生後4か月の赤ちゃんでした)だっているのに。


同じ立場にないワタシが言うのもおかしな話ですけどね。



今も赤ちゃんは切ない声で泣いています。


どんなに泣いてもいいんですけどね。


子パンダはそれでも寝てるし、
うちだって廊下に響き渡る声で騒いでるんですから。


ただ、早くママが戻って、
赤ちゃんのキモチが安らげばいいなぁと祈るばかりです。



NICUでもそうでしたが、
ここは子供たちが一生懸命生きようとする強さを感じられる場所。


来月、ここに戻ってきた時には、
子パンダにそう感じさせられるのでしょうね。



さぁ、そろそろ昼寝から起きるかなぁ。


いないいないばあっ!の時間ですよー(笑)



ここ、イヤホンなしでもテレビを見てよい(ただし小さな音で)ので助かりました。
スポンサーサイト

コメント

ひょっとしたら、そのおばあさんの時代は「子供は抱っこしたらだきぐせがつく。自立させるために一人で泣かせておくのも大切」という時代だったかもしれないです。
実は、私の母が子育てしてる時代もそういう考え方が浸透していたらしく、お手伝いに来てくれた時に「なんでそんなに抱っこばかりしてるの?」と言われました。
ちょうど子育てについて簡単にまとめてある小冊子があったので、それを渡したら、「いくらでも抱っこしなさいっていう事ね。時代は変わったのね」と読んでびっくりしてました。
長々とごめんなさい!

10日から入院なんですね。慌ただしいですね。
子パンダちゃんがんばれ!
パンダさんもがんばれ!
そして、何かおもしろい事をブログにかけるように私もがんばります(笑)
2010-04-08 21:49 | うらら #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。