プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貯血スケジュール

術中の出血に備えて、自分の血(自己血)を保存(貯血)しておくことをお話しました。

うちの病院では、体重が7キロ以上あれば
自己血を貯血することになっているのですが、
なんせ2歳児ですから、
大人が採血するようにはいきません。


体重1キロあたり7?10ミリ程の血液(子パンダは90ミリ)をとるのですが、
大人でもしんどいですよね?
そんな割合でとられたら。



そのため、まず毎日鉄剤の薬を飲みます。

そして、貯血は週に一度。
(3回に渡ってとります)
最後の貯血から手術まで1週間以上あけます。


これが手術までの最短スケジュール。

もっとゆっくりスケジュールを組んでみては?
と言いたいところですが、
血液は冷凍保存できないため、
この最短スケジュールどおり事が運ばなければ、
期限を過ぎた血液は廃棄しなくちゃならないんですよ。
(だから定期的に一定量の献血が必要になるんだなぁ)


また報告しますが、この貯血、ホントに大変なんです。

子パンダが半狂乱になるくらい。


それなのに、2回目を終えた後で、
何らかのウイルス感染でもしようものなら、
3回目だけでなく、廃棄してしまう1回目の分も
あらためて採血しなおさなくてはなりません。

なにがなんでもスケジュールどおりに貯血しなくては!!



と、実は昨日、3回目をとり終えたのですが、
すでに予定が狂っちゃって。

まぁ、血液を無駄にせず、
手術日程も変えずに済んだのですが、
この話はまた。




ちなみに貯血は、毎回半日入院で行われます。

大人のように、とって、『ハイ、さよなら』というわけにはいきません。


採血し、病室で鉄剤の点滴をしながら休み、
血圧を測ったり、体調をみて
ようやく帰れます。



帰るときには、いつもアンパンマンの絵本を
つい買ってしまいます。

頑張った子パンダに、
特別要求されてもいないのに、買ってあげたくなるんです。
『ほんま、お疲れさん♪』って。



めんどうなのは、うちの病院は、
毎回前日に入院予約の電話を入れなくてはならないこと。

で、毎回入院受付で並ばなくちゃならないし。


これくらいの手間、子パンダの大変さに比べたらどうってことないんですが、
改善されるといいなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。