プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷の大きさか安全性か

携帯から思い付くまま更新しています。


手術を受けるにあたり、
本当にいろいろなことがあり、
何か忘れてないかと不安になることがあります。
気をつけなくちゃ。


思い出しつつ、更新してます。



今回は気になる傷跡について。


先生から、『子パンダちゃんの場合はこれくらい』と指で示されたのは5センチほど。

見た目は小さく感じますが、
子パンダの小さな体に5センチはなかなか。

検査入院中、同じ手術を受けた男の子に傷跡を見せてもらいましたが、
結構大きく感じました。

すごくキレイではありましたけどね。
きっと大きくなれば目立たなくなるだろうって感じの。
まだ2週間程では赤いけど。



切るのは、両方の乳首を結ぶラインより下。

えりぐりのあいた服や水着を着ても見えない位置になるそうです。
(胸の谷間をガッツリ見せるようなグラビアアイドルは無理だろうな。ならなくてヨロシイ!)



『表面の傷は小さいけど、
中は大きく切りますよ』と先生。

そりゃそうですね。
胸骨だって切らなきゃいけないし。



手術後、病室で同じ時期に(就学児たちは夏休みや春休みに手術するので)手術した子供たちの親が
傷の大きさを比べっこしてたりするそうです。

そのキモチは先生もよく分かる、と。
(ワタシもよーくわかります)



『でも、できるだけ傷は小さくするつもりだけど、
傷の大きさより、
いかに安全に手術を行うかを重視しますよ』と。

必要であれば大きく切ることもありますと言われました。



女の子だから、傷なんてつけたくない。
(男の子だってそうですよね)
できるだけ目立たず、小さい方がいい。

でもそれ以上に、安全に手術を終えてほしい。



『よろしくお願いします』と
先生に伝えました。



子パンダの胸の傷は、
小さな体で生きるために頑張った『証』だから。


傷のことでいじめられるかもしれない。

将来、悩む時がくるかもしれない。



でも、きちんと伝えていこう。

支えていってやろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。