プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なめたらあかん

オットの手術は今日の夕方。
4時以降になるそうです。

昨晩9時から、水分を取ることも禁止になってしまったオット。

丸一日、水も飲めないんじゃぁ、かわいそうだなぁ。

部屋にはテレビもないし(レンタルできます)、あってもテレビを置く台(荷物やらを収納できるやつね)はベッドの足元側にしか置けないので、
寝たきりになると見れないんですよね。
ベッドでも起こさない限り。

ベッドを起こすには手動だし。

余談ですが、今思えば、出産した大学病院、快適だったなぁ。
高いだけのことはありました(笑)



起き上がってトイレに歩いていけるのは、月曜からですって。

しばし痛みと退屈との戦いですね。

話し相手に行ってあげたいけど、
基本的に、病室での小さい子供連れの面会はダメなので、
子パンダを連れていくのは月曜以降。
連れていけても長居はできないしね。

ま、10日間、いっぱい寝ててもらいましょ。

安静第一ですから。



昨日、執刀医のお話をうかがいました。

脱腸とはどんな病気か。

どんな手術をするのか。

再発の可能性と、再発したらどうなるか。


などなど。





と、ここまでは午前中に書いてた話。


さきほど(17時17分)、手術室へ入っていきました。


通常なら1時間半ほどで出てこれるんですが、
オットの場合、時々にぶい痛みもあったので、
癒着を起こしている可能性があり、
そうなると剥がすのに時間がかかるとのこと。


早く終わるといいなぁ。


そして、今回限りで終わってくれますように。



脱腸は、再発の可能性が数%あるんですよ。

腸が出てきてしまう穴は、左右3つずつあり、1つの穴をふさぐと、他の穴から出ようとしたりすると。

問題なのは、同じ場所で再発したとき。
そして右側(オットは右側です)の、細い血管をはさんだすぐ隣の穴から出たとき。

一度手術をすると、その場所はガッチリと固まってしまうそうです。

再発して、再び手術で穴をふさごうとしても、まずその固まった部位を剥がすのは至難な技なんですって。

だから先生は、閉じるときに、『再発するな!』と念を送るのだそうな。

それほど嫌なことらしいんです。

隣の穴もそう。

血管1本挟んだだけなので、非常に難しいそうで。


また脱腸になるなら、左側にしてほしいものです。


いや、ならないにこしたことはないんだけど、
出るかどうかは運次第。

鍛えようのない筋肉らしく、全く予防ができないそうです。


それに、腹圧をかけるな、といっても無理な話。

座ってるだけでも腹圧はかかります。

階段のあがりおりもそう。


35歳男性が日常生活で腹圧をかけないなんて絶対無理。


先生からは気休めにしかならんけど、せめて術後1か月はお腹に力が入らないように気をつけてと言われました。



脱腸は良性の病気だし、緊急ではなく(パンパンに腫れて救急車で運ばれて手術となるそうです。ひどい人は出た腸をお腹に戻せず、破裂する人もいるとか)、予防措置としての手術なので、ワタシたちに気負いはないし、難しい手術じゃないし?♪という気楽さもあります。

でも、再発したときのこと、予防策がないことを考えたら、のんきな気分ではいられません。



それにね、穴をふさぐものが、しばらく違和感があるんですって。
しばらくと言っても、年単位で。

さらに数十年再発がなくても、筋力の弱ってくる70?80代で出てくることがあるようで…。

持病として付き合っていくしかないんだなぁ。

それに今頃怖がってた腰椎麻酔をしてるかと思うとかわいそうだなぁと…。


ただでさえ、胃潰瘍予防に5年以上も薬を飲み続けてて、これからも飲まなきゃいけないのに。
(胃潰瘍は完治してて、毎年胃カメラでチェックしてますが、胃酸過多になりやすく、すぐに荒れるんですよ)



せめて脱腸くらいは治ってほしいなぁ。




まずは術後の安静ですね。

子パンダにも、父ちゃんのお腹の上に乗ってドンドンさせないようにしなきゃ。


抱っこしての階段も無理だな。


父ちゃんダイスキな子パンダさん。


しばし我慢しておくれ。




もう開腹してる頃。

麻酔、痛かっただろうなぁ。



頑張るんだよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。