プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父、恋し。

おかげさまで、オットは明日退院できそうです。


10日間はなかなか長かったようで、かなり退屈したみたいですが、無理をせずにすんでよかったです。

仕事復帰して、すぐに体がついていくか、その方が心配だったりして。

しばらくは再発予防のためにも、仕事も無茶できないので、
ゆっくりしてもらわなきゃね。



一人でトイレまで歩いていけるようになるまでは、毎日様子を見に行ってました。

それ以降は1日おき。

退屈だろうし、娘の顔も見たいだろうからと、本当は毎日顔を出す予定でしたが、
子パンダの反応を見て、やめました。

今日は入院費用の残金を(当日に前金は払ってます)持っていかなきゃいけないのですが、
できたらやめたいくらい(笑)


というのも、父ちゃんとの別れ際に、泣くんですよ、子パンダが。

しかも、病室にも聞こえるくらいのデカ声で。


病室に入ってすぐのベッドで寝てるオットが、カーテンから顔をのぞかせた時から、
そりゃもううれしげに走って駆け寄り、
ベッドに一緒に座って、キャイキャイはしゃぎます。

オットもうれしそうなので、微笑ましいひとときなのですが、
この後が大変。


『父ちゃん、ばいばい』
と言って病室を後にするのですが、
ふと父ちゃんと離れ離れになる現実に気づくのか、
出てすぐに、『父ちゃぁぁ?ん』と泣き出します。


『父ちゃん、お腹いたいいたいやから、ねんねすんねんて』
と必死になだめてエレベーターに乗り込むのですが、
誰に似たのか(ワタシだ…)、ビックリするくらいのデッカイ声(しかもよく通る)で、『父ちゃぁぁぁんっ』と泣き叫びます。

本当は小さい子供連れの面会はダメなので、なんとかなだめようと必死になるのですが…


まわりの方たちは、父親と離れて寂しがってる小さな女の子を見て、胸を打たれるらしく、みな『見てる方が、泣けてくるわ?』などと言ってくださるので、助かるのですが、申し訳なくて…。


外に出ても、5階のオットの部屋まで聞こえるくらい、泣き叫んでますからね。

自転車に乗ってもしばらくはセンチメンタルな気分なようで、なかなか大変です。

おとといなんか、帰りに土砂降りの雨にあってしまい、途方にくれましたよ。
(途中西松屋で雨宿りし、カッパをガバッとかぶせて何とか帰宅しました)



そんなことも今日で終わり。


と思って、昼寝をさせようとしてたんですが、なかなか寝付かず。

大量のお茶を飲んだくせにまだまだ飲むというので、
『今日はねんねして起きたら、父ちゃんのとこ行くから、はよねんねしよ』と言ったのがまちがい。


『父ちゃん』という言葉に反応して、
『父ちゃん』を連呼して泣きはじめたのです。

眠いのもあって、父ちゃんが恋しくなったのでしょう。

『父ちゃんに会いに行くからねんねしような』と言っても泣いてばかり。

そのくせ、おしっこが出たのでしょうね。

今度は『おしっこ!』を連呼し、トイレに行くと言ってきかないんです。

いや、君、『出る』ではなく、『出た』やろ?
行っても出ーへんやん。

そしたらまた泣く…。


こうなったらグズグズがとまりません。


トイレに連れていき(ほんの少し出ました)、おむつをかえ、さぁ寝よう!と一緒に横になると、再び『父ちゃーん!』。


もう知らんっ!(怒)

と3階(昼寝は2階)へ一人であがると、下で大泣きです。

近日中響く声で。


もうね、眠くて仕方ないんですよ。

グズグズ、ゴロゴロしてたので、ほったらかして晩御飯の下準備をしてたら、そのまま寝てしまいました。



母ちゃんは怒ってばかりだから、優しい父ちゃんが恋しいのでしょう。


ワタシも好きで怒ってるわけじゃないんですけどね。


今日もまた泣かれるかもしれませんが、それも最後。

子パンダもあと少しの我慢です。



明日の午前中には帰ってきてくれるので。


昼寝から目覚めたらすぐに出られるよう、準備しまーす。
スポンサーサイト

コメント

パンダ→orangeサンへ

ごめんなさい!
せっかくいただいたコメントを消しちゃったみたいで。
申し訳ございませんっ!!

子パンダはオットが帰ってきてくれたことがうれしいようで、
「父ちゃん、お腹いたいいたい」といいながらも、
患部を押しつつ(笑、
どっかりとお腹へ乗っかろうとしています。
とめたいんですが、とめたところでねぇ~。

娘に熱烈な愛情をもらってると思って、
オットには我慢してもらうしかないですね~。
2010-09-22 15:21 | →orangeサンへ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。