プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな試練

子パンダも3歳2ヶ月。

先月、3歳児健診に行ってきました。

身長・体重測定のほか、眼科、耳鼻科、歯科、小児科の医師による健診、尿検査がありました。

尿検査は、自宅で採尿したものを持って行くのですが、
子パンダは未だオムツさんのため、うまく採れるか心配で、1週間前から練習しましたよ。

視力・聴覚検査も事前に自宅で行いました。


なんだかめんどくさいことばかりだなぁと思いましたが、
当日その場で、なんて無理ですもんね。



身長88.1センチ、体重11.9キロで、小柄ですがバランスはバッチリ。

歯もすごくキレイだと褒められ、気分上々だったのですが、
一つだけひっかかってしまったことがあったのです。



それは眼科。

右目が内側に寄る内斜視の疑いがあるらしく、眼科で検査を受けるように言われたのです。

ただ、小さい子供は『偽斜視』といって、実際には何の問題もないことが多いので、
特に心配する必要もないし、とにかくまずは検査してもらってと言われました。


『たいていは大丈夫』。

そう言われたら、いつもなら『疑い』ではなく、『うち、絶対ビンゴだ!』と確信するのに、
なぜか今回は『大丈夫だろう』と思ってしまったんですねぇ。

どうしてだろ。

いま、思い返しても不思議です。

なんせ『めったにない』ことにことごとく該当してきたから、常に最悪の事態を想定する癖がついてたはずなのに。


だから、眼科で内斜視は疑いではなく、確実なものであることを指摘され、
大学病院の専門外来で診てもらうように言われた時はショックでした。



内斜視には2つの種類があり、治療には1つはメガネによる矯正、もう1つは手術しかないということを知った時の気持ちは、どう表現していいかわかりません。


ただ言えるのは、また子パンダに大変な思いをさせてしまう…、
どうして普通に産んであげられなかったんだろう…
そんな気持ちでいっぱいだったということ。


かわいそうで、親として申し訳なくて、涙が止まりませんでした。


心臓の手術からようやく1年。

定期検診も昨年12月を最後に1年ごとになり、やっと人並みの心配だけで済むようになったと思ってたのに。

子パンダにたくさんの我慢を強いる生活をさせなきゃいけないのが、
親としてとても辛いです。



でも泣いてても、斜視は治らないわけで。

1年半ぶりに大学病院に行ってきました。


続きはまた。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-06-25 22:06 | # | [ 編集 ]

パンダ→秘密コメントの方へ

お久しぶりです。
ワタシも全く疑うことがありませんでした。
気づいてもらって本当に感謝です。

後ほどまとめようと思っていますが、
すでにメガネを注文し、今週できあがってくるんです。
完治のための第一歩。

斜視を治すためにも、それ以前に視力を発達させるためにも、
何としてもメガネをかけてもらわなくちゃいけないんですが、
以前は喜んではいてたトレーニングパンツさえ拒否するようになった今、全然自信なくって。

オムツ外れたんですね~。
すごいですっ!うちも短期決戦でいくつもりだったんですが…ふぅ~。

おむつよりメガネを優先することにします。

どんなキモチでコメントをくださったかと思うと胸が熱くなりました。
温かいメッセージ、本当にありがとうございました。
すごくうれしかったです。
2011-06-27 06:23 | →秘密コメントの方へ #- | URL [ 編集 ]

驚きました

久々伺ったら・・・そんなって・・・
言葉が出てこないけど、きっと家族は立ち止まっていられないのだろうと思う。でも、爆発したい気持ちがあったらブログに。聞くことしか出来ないけど。
子パンダちゃんは初めは戸惑うかもしれない。きっといつか乗り越えてくれるって信じてます。
パンダさんが自分を責めたりする気持ち・・・痛いほど伝わるよ。でも不可抗力だと思うの。
誰しも子供に苦痛を与えようと産む訳ないもん。
大丈夫!困難を乗り越えてきた家族だもの。
2011-06-28 08:15 | こゆき #MyJ0QW/M | URL [ 編集 ]

パンダ→こゆきサンへ

健診で指摘されて2ヶ月半。
こんなに急展開に事態が進むなんて思ってもみませんでした。

神様は安心させてくれませんね~。

最近、子育てに行き詰るというか、
怒り方について悩んでたりしてたんです。
目のことは、大切な子供のことをきちんとみなさい!と指摘されたような気がしていました。

子パンダにメガネをかけさせるというのは、
怒ってばかりのワタシにとって試練というか、
試されている気がするんです。

子供とどう向き合って、メガネをかけさせ、
視力を発達させられるか。

子パンダはきっと乗り越えてくれる。
そう思うんですが、それを支えるワタシがどうこの問題に立ち向かうか。

できなかったじゃすまない。

プレッシャーではありますが、負けないようにしなきゃ。
がんばりますよ。
こんなふうに応援してもらってるんですもん。
涙が出てしまいましたよ。
背中をやさしくなでてもらった気分です。

トイレトレもうまくいかないわが家ですが、
少しずつ前へ向かっていきたいと思います。

木曜にはめがねができあがります~。
暑いのにね、かけるの大変だろうなぁと思いつつ…。
2011-06-28 15:56 | →こゆきサンへ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。