プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして斜視になるの?

内斜視だと診断されてから、
子パンダの目線をよーく観察してみました。

斜視があると思ってみても、
なかなかわかりづらいのですが、
もしかして…と思うようになりました。



内斜視には原因が2つあり、一つは遠視によるもの、一つは眼球を水平方向に動かす筋肉の力がアンバランスであるために起こるものだそうです。


病院でもらった資料には…

★子供の眼は、出生時に構造はほぼ完成しているが、機能的には未完成で、視力も0.1以下である。

★視力が発達するためには、網膜に鮮明な像を結ぶという刺激が必要で、刺激によって3~6歳で視力が1.0に達する。

★立体的に物を見るための機能は両目でみることで発達し、6~7歳で完成するといわれる。

★斜視は正しく両目みることができないため、視力や立体的に見る機能の発達が悪いとされる。

★斜視の治療は、遠視が原因で起こってる場合には、眼鏡による矯正を必要とし、筋力のアンバランスによる場合には手術を必要とする。


と、書かれていました。


いったい子パンダはどちらなのか。


できれば手術で一気に治してしまいたい。

こんな小さな子供に眼鏡をかけさせるなんて…
というのが正直な気持ちでした。

心臓が悪かったことは傷跡さえ見られなければ誰にもわからない。

でも、眼鏡をかけていれば目に何らかの問題を抱えていることが、誰の目にもひと目でわかってしまう。

眼鏡をかけさせることも大変だろうけど、無事にかけられたとしても、
誰かにからかわれたり、気の毒がられたりすることを思うと、
治療することが大事なことは分かっていても、眼鏡をかけさせたくない。

手術なんて二度とさせたくないと思っていたはずなのに、
それでも手術で治してしまいたいという自分がいました。



子パンダは時々ふざけて服をめくりあげ、お腹を見せようとします。

お腹だけならまだしも胸らへんまで服をあげようとして、
傷跡が見えることがあります。

そんなとき、私は必死に隠そうとしてしまいます。

隠す必要なんてないんでしょうけど、堂々とすることができません。


だからかなぁ。

眼鏡にものすごい抵抗がありました。



子パンダのようすを見ていると、遠視かどうかは分からないけど、視力が悪いのではないかと思う点があり、
眼鏡による矯正が必要ではないかと、自分なりに覚悟をしていて、
できるだけ眼鏡に抵抗がないよう、子パンダに眼鏡をかけることは楽しい、似合うといったプラスのイメージを持たせるよう心がけました。

そんなふうに言ってる私が一番抵抗感があるくせにね。



もしも遠視であっても、軽いのなら眼鏡をかけなくていいかもしれない…

そんな淡い期待を持ちながら、でもきっと眼鏡をかけなければならないくらいの遠視だろうと覚悟しながら、
久しぶりに大学病院を訪れたのでした。



教授の診察によると、右目だけでなく、左目にもわずかに斜視があること、
目を使っていない時に少し目が上に移動すること、
両目下の内側に逆まつげがあるが、目は傷ついておらず、きれいだということがわかりました。



次は、視力検査をしなければならないのですが、幼児は視力が悪くても、自分で調整し、見えるようにしてしまうらしく、(その際に力が入るため、目が寄ってしまう)
通常の視力検査をしても、正しい数値がわからないのだそうです。

気合いで見てるって感じなのでしょうか?

だから、目が悪いことに気づかったのかなぁ。



どうするかというと、アトロピンという目薬を、検査の5日前から、朝晩2回点眼し、
ピント調節できなくして、検査をするのだそうです。

瞳孔が開いて、手元が見えづらい老眼のような感じになるみたい。


目薬なんてさしたことないし、アトロピンは1回1滴だけしか点眼してはいけない、かなり強い薬らしく(容器に『劇』なんて怖い文字がかかれてるんですよ)、
点眼方法にもとまどいがありました。


でも、大事なことですからね。

正しい検査結果を出すためにも、慎重にやらねば!
と張り切ってました。



そして、いざ検査の5日前、点眼の日がやってきて…



続きはまた。
スポンサーサイト

コメント

忙しいところ

お返事してくれて、ありがとう。今は眼鏡待ちなのかな?きたのかな?
パンダさんの気持ちがひしひしと伝わる文面。誰かに子パンダちゃんが眼鏡をかけていると「可哀想」って思われるんじゃないか・・・
私も娘の将来にそんな不安持ってます。パンダさんと一緒とは言えないけど、人目って気にするよね。
でも。
一番は子パンダちゃんの「これからの未来」なんだよね。だから、パンダさんは眼鏡を用意して・・・
そして、自分を奮い立たせて。
けど、頑張りすぎないでね。今までも充分、頑張ってるよ。
子供のことは力が入るし、気持ちも入るよね。
でも、まだまだ子供はこれからも親のすねをかじり、心配もかけるもの。どこの子供もね。
だから、時々は息抜きも。なんて、余計なお世話だね。
パンダさんの一生懸命さが伝わって・・・つい。
2011-07-04 14:48 | こゆき #MyJ0QW/M | URL [ 編集 ]

パンダ→こゆきサンへ

眼鏡もできあがり、もう2週間。
おかげさまでほぼ一日中かけてくれています。
これもひとえにまわりのみんなの協力のおかげなんです。
こうなるとね、親が切ないなんて思ってられないです。

もちろん今まで話したことのない方(サークルなどで一緒の方)に
眼鏡のことを聞かれたり、ジロジロ見られたりすると
切ないキモチにはなります。
でも、暑いのに眼鏡をかけてくれてる子パンダのことを思えばねぇ。

> だから、時々は息抜きも。なんて、余計なお世話だね。
余計なお世話なんかじゃないです。
すごくうれしかったですよ。
見ていてくれる人がいる。そう思うだけで頑張れるんです。
こゆきさんもそうですよね?
だからバタバタしてても更新しちゃうんだなぁ(笑

本当にありがとうございました。
2011-07-15 19:08 | →こゆきサンへ #- | URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。