プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガネ買いました

更新までしばらく時間がかかってしまいました。
ごめんなさい。


え~、メガネを買う話でしたね。



子パンダはどんなメガネを気に入るか、
どんなメガネなら一日中かけてくれるか、
やはりとっつきやすいキャラクター物かなと、
キティちゃんを扱ってるメガネのミキに問い合わせてみました。

ところが、キティちゃんは大人気らしく、無難なピンクの細いフレームは、子パンダのサイズのみ完売なのだそうで。

少し大きいサイズならあから取り寄せてくれるというので、お願いして電話を切ったのですが、
合わないサイズをかけさせてもねぇ。

下手にキティ熱だけ上がられても困るだけなので、
翌日、病院からもすすめられたアマガンに行くことにしました。



そうそう、こどもメガネ専門店で扱ってるキャラクター物はスヌーピーだけなんだそうで。

しかもすっごく小さく入ってるだけなんですって。

わざわざ大阪に出なきゃいけないし、メンテの面でも困るからやめました。


アマガンのHPを見てみると、ドラえもんのメガネがあると…。

子パンダはドラえもんも大好き。

近所にもあるし、好きなキャラクターのメガネを扱ってることが最大のポイントでした。



アマガンに行き、処方箋を渡すとさすがに慣れていらっしゃいましたね。話が早い、早い。

いろいろ好みもあるでしょうが、まずお医者さんがすすめるのがこちらですと、出されたのが、太いフレームのもの。

子パンダのように、そこそこの遠視はレンズがまず分厚いんです。

そのレンズをしっかりホールドするのはやはり太いフレームなのだそうで。

薄いピンクでかわいらしいんですが、いくら軽く作られてても重そうだし、見た目にインパクトがあるんですよねぇ。

メガネをかけさせることに抵抗のあった私としては、それはちょっと…と尻込みしまして。

で、同じブランドの細いフレームのものを出してもらったんです。

実はコレ、スヌーピーがついてまして。


こどもメガネ専門店で言ってたスヌーピーってコレだったようですね。


スヌーピーのメガネは、横のテンプルと言われる部分が形状記憶になってるのがポイント。

最近のこどもメガネは形状記憶のものが多いようですね。よく壊すから。

そして、医者もすすめるスヌーピーメガネの魅力は、もし壊れてもパーツごとの交換がきくということ。

他のメガネはテンプルが壊れたら、丸ごと買い替えになるんですよ。

お値段が他のものより高いけど、よく壊すことを考えたら、結局コスト安になるんですね。

てなわけで、スヌーピーを選んでくれたらいいなと願いつつ、スヌーピーのピンクとオレンジ、ドラえもんのピンクと赤をかけさせてみることにしました。



子パンダはというと…

メガネについて大絶賛してきた成果か、かけることを楽しみにしてて、メガネ屋さんに着いてからも、かなりのハイテンション!

なのはよかったんですが、店内を物色したり、いくつかかけたりすると飽きてきちゃって。

ドラえもんにも興奮してたんですが、最後にはどうでもよくなったようで、他の店員さんと遊んでました。


こうなると、選ばせることもしなくていい感じになっちゃったので、スヌーピーのピンクにしました。

できあがりは1週間後。

この間にも、メガネへの情熱が薄れないよう、気分を盛り上げまくりましたよ。



そして、できあがった子パンダのメガネ。

大喜びでかけてくれましたが、かけることに抵抗なくても、すぐに飽きて外すんじゃないかとヒヤヒヤでした。


店を出てから少しでも長くかけさせるように、マクドに寄り、ハッピーセットで気分を盛り上げ、めばえを買って帰り、付録を作って喜ばせ、時間をかせぐこと3時間ちょい。

昼寝までかけてくれました。ホッ!


スタートとしては上出来?と自己満足したわけです。

その日はあと1時間ずつ、一日で計5時間かけてくれました。


キャラクター効果ってあるのか?と思ったりもしますが、ほんのちょこっと、よく見ないとわからない程度でもうれしいようで、時々確認しています。

ここらへん女の子なのかなぁと思います。



メガネをかけて1か月。

かけるかどうか心配しましたが、1週間ほどでほぼ1日中かけるようになりました。



わが子にメガネをかけさせなきゃいけないお母さんたちは、
どうすれば一日中かけてくれるようになるのか不安でいっぱい。

ワタシがそうでしたからね。


メガネをかけるようになるまでなんて、千差万別だとは思いますが、
何かの参考にはなるかもしれないので、次回お話しますね。


今月号の『めばえ』の保護者向けの冊子でも、子供の遠視・近視・弱視について取り上げられてました。
読むと早く見つかってよかったなぁと思いますね。


ではまた。
長文にお付き合いいただいてありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。