プロフィール

パンダ

Author:パンダ
映画が好き。
おしゃべりが好き。
カフェが好き。
オットが好き。
何より、ワタシがダイスキ☆な、
パンダフルダイアリー。


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


メールはこちら♪

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 アイパッチ卒業

3歳からメガネ女子になった子パンダ。

いやぁ、めんどくさいことだらけでしたよ。

たびたびフレームがゆがむんですよね、扱いがあらいから。ゆがむとメガネがズレるから、ズレを言い訳にグズグズ言うし。
もちろんゆがみを直すために眼鏡屋にもしょっちゅう。

でも、一番大変だったのは、4歳の夏から始めたアイパッチ。

神経質な子パンダは、貼る部分に納得いかないと、まぁうるさい。

そりゃ見える方の目を遮断されるのはうっとおしいでしょうよ。

夏の暑い時期に貼られたら、汗もかくし。

グズグズ言うて泣けば、はがれるし。でも勝手に剥がしたら「1枚なんぼすると思ってんのー!」と怒られるし(笑)

貼るのを嫌がらなかっただけヨシとしなきゃなと思ってました。

「あまりしてないんです〜」と言ってるお母さんもいるしね。

4歳からは1日2時間。5歳からは1日1時間。
6歳からは1日30分と、だんだん時間が短くなり、
7歳の夏、とうとうアイパッチを卒業してもいいと言ってもらえました•*¨*•.¸¸♬

アイパッチをするのは、両目で見る力をつけるため。

視力に左右差のある子パンダは、どうしても片目でモノを見ようとするため、両目で見る訓練が必要でした。

3〜4歳時に、両目で見る力が9段階中0しかなかった子パンダ。メガネをかけ、アイパッチを貼って、昨年レベル3まで向上し、今回レベル6に。

普通の子供でもレベル9はなかなかいないし、レベル6なら至って普通とのこと。

子供の視力が確立するといわれる7歳前後に、人並みの視力に成長することができたのです。

あ、人並みの視力といっても、メガネをかけなくていいという話じゃありません。

両目でモノをきちんと見ることができる→立体物をきちんと立体にとらえられる等の視力機能のことね。

残念ながら、遠視は3歳時と比べてもほとんど改善せず。

調節性内斜視の子パンダは、遠視が治らない限り、斜視は治りません。
遠視でも斜視じゃない子もたくさんいるのにね〜。

いつかメガネが外せたら…と頑張ってきたけど、夢叶わず。

でも、「メガネかけたら分からへんし、大きくなったらコンタクトもあるしな〜」と先生。

治らんもん、考えても仕方ないか。

ひとまず一番大事な矯正は終了。
「悪くならないように、たまにアイパッチした方がいーよ」と子パンダさん。いや、せんでえーから(笑)

ここはありがたーく卒業させてもらいましょう!

使わないままのアイパッチが70枚ほど余ってます。
必要な方にお譲りしますよ〜(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。